オックスフォード大学来館

オックスフォード大学の植物園の皆さんが、日本の植物調査のため来館されました。
いくつかの植物を採取し、標本・記録を作成されました。

テンナンショウの仲間(コウライテンナンショウ)を観察に藪漕ぎ中です
オックスフォード2
採取後は新聞紙に押して標本を作成し、記録をとられました。
オックスフォード1
これはヤマハゼですがほかにも90種類以上の標本を作成されました。
やまはぜ

散歩道(秋の七草)

梅雨明け前だというのに、秋の七草です。
キキョウオミナエシが咲き出しました。
P7190614.jpg (キキョウ)
P7190612.jpg (オミナエシ)
P7190613.jpg (カワラナデシコ)
カワラナデシコは、6月から咲いています。

展示館の窓に大きなコガネグモが巣を張っています。
P7190617.jpg
黄色い横縞が目立ちます。
鹿児島や高知では、この蜘蛛で「クモ合戦」をするそうですよ。

県内のカブト・クワガタ展始まる!

毎年夏休み恒例の「県内のカブト・クワガタ展」が始まりました。
今年のカブトムシの展示は、展示館前の日陰のところに昨年と同じテントを張って、その中で飼育しています。
これは、昨年玄関前にテントを張って展示したところ、暑さのために長生き出来なかった教訓から場所を移動したものです。
少しわかりにくい場所ですが、涼しいので長生きできると思いますし、中に入って触ってもらうこともできます。
一方、クワガタムシは従来どおり展示館の中で展示しています。
多数の方のご来館をお待ちしております。
IMGP0740.jpg
場所は展示館前の芝生広場の端っこ

IMGP0739.jpg
看板があるので場所はすぐわかります。

IMGP0742.jpg
中にはコナラの枯木が1本。 根元のところでカブトムシを探します。

IMGP0744.jpg
いた! さわることもできるよ。

オオガハス情報(2)

ねいの里のオオガハスは、ようやく昨日から咲き始めました。
P7140571.jpg
P7140572.jpg
まだ花数は少なく、見栄えはしません。
花数が増えて見ごろになるのは、今月末~8月初めになると思います。

夏の小路

キンモンガがいました。蛾でもきれいなものもいるのです。
P1040238.jpg
オオバノトンボソウがいくつか咲いています。
P1040241.jpg
おや、スミレの葉っぱの中に何か見つけました。
P1040240.jpg
マキノスミレの閉鎖花でした。普通の花のように開かず、自花受粉で種を作ります。一種の保険のようなものでしょう。
P1040239.jpg
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR