ねいの里季節の便り

明日は立春。
ねいの里もずいぶん春めいてきましたよ。
日当たりのいいところでタチツボスミレが咲き始めています。
P3184768 (800x600)

コブシも咲き始めました。
P3194807 (800x600)

ザゼンソウは仏炎苞が大きく膨らんで、開花が間近。
ミズバショウは仏炎苞が出始めています。
P3194798 (800x600)
P3194800 (800x600)

コロナ禍の中でも餅つき!

都会では新型コロナウイルス流行の第三波が猛威を振るう中、幸いなことに富山県ではまだそれほどの大流行にはなっていません。
このような状況の中、今年も稲作の総仕上げとして、「まめでっぽうの餅つき」を行いました。三密を避け、手洗いをしっかりしながら開催しました。
最後には、つきあがったお餅を食べ、楽しいひと時を過ごしました。
IMG_0879.jpg  IMG_0866.jpg
子供たちも一生懸命お手伝い

IMG_0873.jpg
つきあがった餅を丸めます。

IMG_0874.jpg
美味しそうに出来上がりました。






今週の見ごろの花や実

秋の七草の、キキョウ、オミナエシ、ハギ、クズ、ススキが見られるほか、ミズトラノオ、ヤブツルアズキ、ツルボが咲きました。
他にもキツネノマゴ、シラヤマギク、ミズアオイ、(サイコク)ヒメコウホネ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、ガガブタ、ツリガネニンジンなどが咲いています。
実では、ウメモドキ、アクシバ、ツルアリドオシの赤い実が見られます。

ミズトラノオ ハッチョウトンボの池の横で見られます。水田にまれにみられる絶滅危惧種です。
ミズトラノオ20180906

ヤブツルアズキ 水生庭園の周りでぼちぼち咲き始めました。アズキの原種だと言われています。
ヤブツルアズキ20180906

ツルボ  ハッチョウトンボの池の登り口で見られます。
ツルボ20180906

ツリガネニンジン 水生庭園横の車道横に咲いています 青色の花がいくつもぶら下がっています。
ツリガネニンジン20180906

キツネノマゴ 水生庭園の道路横に咲いています。花の穂がキツネの子どもよりも小さい孫ぐらいの尻尾だとか。。。
キツネノマゴ20180906

キキョウ 展示館前
キキョウ20180906

オミナエシ 展示館前
オミナエシ20180906

今日はヒメコウホネが根が込み合っているので間引きをしました。
池の整備20180906

ネイチャーゲームと草木染めをしました。

11月5日にネイチャーゲームと草木染めが開催されました。
IMGP0206.jpg

豆や割りばしを使って模様をイメージしていきます。
IMGP0210.jpg

昨年はクサギの実だけでしたが、今回はタマネギの皮にも挑戦しました。茶色の鍋がタマネギです。
IMGP0215.jpg

ハンカチに色が定着するまでの間、ネイチャーゲームをしました。
IMGP0220.jpg

世界に一枚だけの素敵なハンカチになりました。
IMGP0241.jpg

今回使用したクサギの実です。
IMGP0225.jpg





ねいの里秋を楽しもう
今日だけ、森の喫茶店の始まり始まり
まずは、木の実でアイスブレイク・・・
これなーに? これ見たことある! ドングリだ・クルミだ、といっぺんににぎやかになりました。
IMGP9679.jpg
尾根道を歩くこと1時間・・・普通に歩くと15分ほどで行くところを「あーでもない・こーでもない」とのんびり歩きました。
IMGP9681.jpg
目的地のそよ風広場には、ジャーン「喫茶室」が・・・・みんな大喜びでした。
だって、森の中なのにこーんなステキなコーヒーショップがあるなんて
びっくりです。 
IMGP9682.jpg
そのあとは、途中で拾ってきた枝や葉っぱやドングリでフォトフレームを作りました。
みんな真剣です。「30年前の写真を入れるわ」と言う方もいらっしゃいました。
IMGP9688.jpg

プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR