ねいの里クイズ

ねいの里クイズの第1回です。まずは、2つの写真をよく見てみましょう。

シカ(ニホンジカ)
ニホンジカ20171130
カモシカ(ニホンカモシカ)
ニホンカモシカ20171130

問1 シカはその名のとおり、シカの仲間(シカ科)ですが、
   それでは、カモシカは何の仲間でしょう?(何科でしょう?)
     ア 馬(ウマ)  イ 牛(ウシ)  ウ 豚(ブタ)

問2 上の写真で、シカ と カモシカ はどこが違っているでしょう?
    ん? ヒントが欲しいって?  頭の部分を見てくださいね!

問3 上の「シカ」の写真を見てください。これは雄(オス)でしょうか、雌(メス)でしょうか?



分かりましたか?
では答え合わせです。

問1は、牛(ウシ) が正解です。ウシ科になります。さらに狭めると「ヤギ」に近いといえます。

問2は、次の写真を見てください。シカ科とウシ科の違いは角(つの)の形によく出ています。
シカとカモシカの頭
シカの角は枝分かれします。それも一年でまた生え変わります。ちなみに「鹿島アントラーズ」の名前はこの角から来ています。
ウシ科の角は一角です。この角は一生成長を続けます。このままグルリと丸くなる形は「ホルン」にたとえられたりします。

問3は、雄(オス)が正解です。シカの仲間ではトナカイの仲間を除いて、オスにだけ角があります。
一方、ウシの仲間は、オスもメスも角があるのです。

では、来週またクイズをやりますね。さとなら、さよなら、さよなら。。。

「14歳の挑戦」終了!

10月2日からの1週間、富山市立城山中学校と岩瀬中学校の生徒3人が、14歳の挑戦事業でねいの里での職場体験を行いました。
1週間の間、様々な仕事を体験してもらいましたが、大変そうでした。
利用者から見たねいの里と職場としてのねいの里の違いを解ってもらえたかな。

IMGP0047.jpg
まずは定番の「窓ふき」

IMGP0113.jpg
草刈りも大変そうだ

IMGP0122.jpg
幼稚園の園児とザリガニ釣りで遊ぶ

「おひなさま」づくり開催!

3月3日の「ひなまつり」を前に、2月19日と26日の2日間、無料で「おひなさまづくり」が体験できるコーナーをつくりました。
写真でわかるように、マツボックリやドングリを使ったかわいいおひなさんを作ることができます。
19日は寒い中訪れてくれた4組のグループに体験していただきました。
26日にも開催しますので、ぜひ体験しに来てください。時間は午前11時と午後1時です。
お待ちしています。

IMGP0290.jpg
うまく切れるかな?

IMGP0285.jpg
色つけも大事

IMGP0288.jpg
見事なおひなさま完成です。

”カブトムシのお宿”完成

ねいの里の正面入り口付近に簡易テントで作った「カブトムシのお宿」を設置し、展示を行っています。
昨年までは、展示館の中のミニ温室にカブトムシを展示していましたが、こどもたちのカブトムシに触ってみたいという要望が強かったため、ことしは、テントの中で自由に触ってもらえるようにしました。
たくさんのカブトムシを用意しなければならないので、カブトムシ集めで職員は大変ですが、写真のようにこどもたちの喜ぶ顔を見ると苦労も吹っ飛びます。

IMGP8532.jpg

IMGP8529.jpg
真ん中のファスナーを開けて入ります。
入るときは職員に申し出てください。

新年初の積雪に!

年末年始の暖かい天候から一変し、昨日からねいの里は10センチ程度雪が積もり、一面の雪景色になりました。
昨年末の28日に5センチ積もって以来の積雪です。
今年初めて来園した「まめでっぽう」の子供たちも大喜び。
お母さんたちも、家の周辺には雪がないため、初めての雪にびっくりポン。
早速、雪だるまを作って遊びました。
DSC07211.jpg
木の実で目玉をいれます。

DSC07218.jpg
完成し、ハイポーズ!
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR