カタクリの蕾が膨らんできましたよ!

「ねいの里のカタクリは咲きましたか?」という問い合わせが来るようになりました。
まだ咲きませんが、蕾はだいぶ膨らんできました。
P3183833 (640x480)
明日は気温が高い予報なので、お昼頃には開花するかも…。

ねいの里では、今こんな花が咲いていますよ。
P3183826 (640x481) (シュンラン)

P3183835 (640x480) (キクザキイチゲ)

P3183828 (640x480) (オオミスミソウ:雪割草)

P3183837 (640x480) (コシノコバイモ)

また、スズメやヤマガラ、シジュウカラが巣作りを始めましたよ。
巣材の枯草やコケを、巣箱に運び込んでいます。
P3183793 (640x480)

小鳥が楽し気に鳴いています。

いい天気ですねェ。
シジュウカラやカワラヒワ、メジロなどが楽し気に鳴いていますよォ。
スズメは掛けてある巣箱をのぞき込んで、部屋探しに夢中です。
P2283648 (640x476) (メジロ)

キンキマメザクラはもうこんなに咲いているものがあり、ニワトコの芽吹きも進んでいます。
P2293674 (640x481)

P2293666 (640x480)/>

昨日、面白いものを見つけました。
P2283650 - コピー (640x480)
キクラゲです。立ち枯れたエノキに生えていました。
こんなにビッシリと生えているのを見るのは初めて。(写真の上下にもたくさんはえている)
これはありがたく採らせていただき、我が家の今晩のおかずになります。

春の花が咲き始めています。

ここ数日暖かい日が続いていますね。
今日、園内を観察してビックリ!!
もうオオタチツボスミレが咲いていました。
P2153550 (640x481) (オオタチツボスミレ)
例年は3月末頃から咲き始めるのに、暖冬の影響ですね。
(この冬、まとまった雪が積もったのは今まで1回。それも数日で融けてしまった。)

他にはキンキマメザクラやフキノトウ、
    オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、マルバマンサクなどが咲き始めましたよ。
P2153579 (640x480) (キンキマメザクラ)

P2153554 (640x481) (フキノトウ)

P2153568 (640x480) (オオイヌノフグリ)

P2153566 (640x480) (ヒメオドリコソウ)

P2153573 (640x479) (マルバマンサク)

動物でもビックリ!!
啓蟄までまだ20日もあるというのに、
   モリアオガエルが冬眠から目覚めていました。
P2153563 (640x480)
2、3日後の天気予報は雪マーク。
早く目覚めた生きものには試練ですねぇ。

ねいの里今季初「積雪」!

本日2月6日(木)、今年1番の寒さの中、自然博物園ねいの里でも、今季初の積雪がありました。
朝から除雪の作業で大変でしたが、やはり北陸の冬は雪景色があってこそ。
木々にも雪の帽子が乗っており、とても幻想的な雰囲気になっています。
また、今のねいの里では、前回の記事で紹介したヤマアカガエルの卵のほか、ホクリクサンショウウオもデータを取り始めてから1番早く産卵し、その卵塊も見られます。
「冬も楽しいねいの里」 ぜひお越しください。

IMGP3919.jpg
今季初積雪!

IMGP3921.jpg
園内は雪景色

IMGP3925.jpg
前回よりさらに増えた?ヤマアカガエルの卵塊

IMGP3932.jpg
絶滅危惧種、ホクリクサンショウウオの卵塊も!

「ヤマアカガエルの産卵 ❕ 」ねいの里での観測史上最も早く確認

昨年も暖冬のため早かったヤマアカガエルの産卵(1月25日に確認)ですが、今年はさらに早く今日22日に約20個の卵塊を確認しました。ねいの里でデータを取り始めてから最も早い産卵確認です。
しかも卵塊の形が少し崩れていることから、数日前には生んだものと考えられます。
暖冬が生態系に与える影響の一面を見た気がします。

IMGP3904.jpg
ハッチョウトンボの遊園地で確認された卵塊

IMGP3905.jpg


プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR