春の七草頒布 舞台裏

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

さて、新年早々、今年最初の行事「春の七草頒布と正月遊び」を開催しています。
ここで、春の七草頒布までの一部をご紹介します。
この日を迎えるまで、仏の座(コオニタビラコ)、御形(ハハコグサ)、ハコベ、ナズナ、セリなどを集めておくのが大変なのですが、それらはカットして、トラックで運んだところからです。

雪の中、畑から掘り起して、トラックで運びました。着いたところでやっと撮影です。
20170104トラック

運ぶと、次は水洗いです。
20180104洗い方

20180104洗い2

洗い終わると、種類ごとに集めます
20180104箱詰め前

必要な分だけ取り分けて、
20180104箱詰め前2


パックに詰めていきます。
20180104パック詰め

パックに入れ終わって頒布となります。
20180104パックに入れて頒布

恒例の「春の七草実物展」開催中!

今年も、また年末年始恒例の「春の七草実物展」を開催しています。
 また、雪の中、新年の1月4日~6日にかけ開催する、「春の七草頒布会」で提供する七草の採集も行っています。
 雪が降る前に場所の下見は行っていたのですが、除雪しながらの作業は効率が悪く、今年は昨年ほどの数が確保できないかもわかりません。
 今後気温が上がり、雪解けが進む事を期待するのみです。
暖かくな~れ。

IMGP0435.jpg

IMGP0434.jpg

IMGP0440.jpg
まめでっぽうの子供たちも「七草のお勉強」

富山県ホタルの会の研修会を開催!

富山県ホタルの会の研修会が開催されました。
この会は年に1回様々なホタルの保護の取り組みを行っている施設を見学し、会員の資質の向上を図るために開催しているもので今年はねいの里が選ばれました。
 そうは言っても、ねいの里では特別なホタルの保護や繁殖活動はおこなっておらず、唯一毎年ヘイケボタルの鑑賞会を開催しているだけです。
そのため、今回の研修会では、参加者から保護増殖についての貴重な意見をお聞きし、今後のホタルの生息環境の保全対策について学習する機会になりました。

IMGP0180.jpg
レクチャールームでの研修会

IMGP0186.jpg
現地見学。 貴重な意見をいただきました。

県内のカブト・クワガタ展始まる!

毎年夏休み恒例の「県内のカブト・クワガタ展」が始まりました。
今年のカブトムシの展示は、展示館前の日陰のところに昨年と同じテントを張って、その中で飼育しています。
これは、昨年玄関前にテントを張って展示したところ、暑さのために長生き出来なかった教訓から場所を移動したものです。
少しわかりにくい場所ですが、涼しいので長生きできると思いますし、中に入って触ってもらうこともできます。
一方、クワガタムシは従来どおり展示館の中で展示しています。
多数の方のご来館をお待ちしております。
IMGP0740.jpg
場所は展示館前の芝生広場の端っこ

IMGP0739.jpg
看板があるので場所はすぐわかります。

IMGP0742.jpg
中にはコナラの枯木が1本。 根元のところでカブトムシを探します。

IMGP0744.jpg
いた! さわることもできるよ。

お正月の遊び

お正月と言えば!
昔はどの子供たちも、みんなで遊んだものです。
独楽に凧揚げ、はねつきに福笑い、などなど大人も一緒に遊んだものです。
ねいの里の七草頒布に合わせて{伝承遊びをしよう」とお誘いしました。
IMGP0093.jpg
「はねつき」です。初めての子ばかりでした。
最初はぜんぜんダメでしたが、そのうちにカーンカーンといい音が館内に響き渡るようになりました。
ねいの里の職員もはりきって参加しました。もちろん、墨も用意しましたよ!
結果は、ひ・み・つ・です。
IMGP0097.jpg
「おてだま」は、子供たちには人気がなく、昔子供だった人達に人気でした。
昔取った杵柄????
IMGP0098.jpg
「福笑い」は大人も子供も楽しめて、だれがやっても笑えます。
大人気でした。みなさんも楽しんでみてくださいね。
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR