ようこそ!いらっしゃいました。

一年を自然の流れに合わせて72の季節にわけた旧暦の七十二候では、
昨日頃が、「熊が冬ごもりのための穴に入る頃」とされていますが暖かすぎて
なかなか眠れないかもしれませんね
今日は、庄川三谷母親クラブのみなさんが来園してくれました。
普段、田んぼなどの農にちなんだ活動をされているそうで、今回は
「田んぼと里山のつながり」について、みんなで勉強しました。

IMGP7073.jpg

IMGP7077.jpg

初めに、昔は生活や遊び道具は里山のものを使ったということで、木の枝工作を
体験してもらいました。自分でデザインを工夫するということで、これも立派な学習です

IMGP7079.jpg

以前は、林から薪をつくり料理などに使ったり、落ち葉や薪を燃やして出た灰などを
田んぼや畑に利用していたことや田んぼが荒地になるとトンボやカエルなどの生きものが
いなくなってしまうことなどを一緒に学びました

IMGP7082.jpg

フィールドでは、里山で生きる生きものの痕跡や人が林に手入れしないとどんな問題が
起きるかなどを観察しました。

田んぼと里山がつながりを少しでも感じてくれたかなと思います。
自分たちの家の近くでも、色々な生きものを発見してもらいたいと思います

サンショウウオの託児所清掃

 「サンショウウオの第一託児所」であるホクリクサンショウウオの産卵場所が、落ち葉がたまってヘドロ状になり、池が浅くなってきたため、清掃を行いました。
 この時期はサンショウウオの卵も幼生もないため、清掃には最適な時期です。
 すっきりとしたきれいな産卵場所で、来年もたくさんの卵を産んでくれることが楽しみです。

DSC07115.jpg
落ち葉がたまってすっかり浅くなってしまった池の大掃除を始めます。

DSC07134.jpg
泥は全部運び出しました。

DSC07143.jpg
新しい落ち葉や枯れ枝を入れて、産卵準備が完了しました。
産卵に来るサンショウウオが待ち遠しいです。

啓蟄をすぎて

啓蟄(けいちつ)は、冬こもっていた虫が起きだす日とされてますが
昨日からの雪で、虫はまだまだのようです
ということで虫が見えないので、「トルーマン君」の働きを確認しました。
IMG_1771.jpg

IMAG0009.jpg
テンでしょうか?イタチでしょうか?最近、フンをよく見かけます。

IMAG0031.jpg
アナグマにも見えますが、シッポが長いのでハクビシンのようで
まだ、冬毛がモコモコです。

IMAG0023.jpg
解りにくいのですが、ニホンジカの立派な角がみえます
雪の上に足跡を見かけて、ニホンジカカモシカかはっきり
しなかったですが・・・
IMAG0016.jpg
両方いることが判明して、もっと足跡がハッキリしなくなりました

IMAG0030 (2)
イノシシもいますが・・・夜行性なので、まず会うことはないでしょう!

IMAG0002.jpg

IMAG0003.jpg
タヌキです。大体は毎日同じコースを散歩するので、一番多く
登場します。タヌキは今が恋の季節で、仲良くカップルばかり
写ります。ちなみに、いちどカップルになると、ず~とず~と
一緒にいて、毎年、お父さんも子育てを手伝うそうです・・・
頑張れ、人間のお父さん
ねいの里でも「恋の里」の企画考えてみようかな

秋の実り(^ω^)

秋の木の実が観察できる季節となりました。
特に赤い木の実は見つけやすい

ねいの里の森には小さく赤い木の実がたくさんあります( ´,_ゝ`)
DSC_2539.jpg
コバノガマズミの実

このは鳥たちには人気がなく雪が積もる季節まで観察することができます。


DSC_2537.jpg
サルトリイバラの実
バラの仲間なので幹や枝にはトゲトゲがあるので触るときは注意しましょう!m9( ´,_ゝ`)

DSC_2530.jpg
サンショウの実
赤色だった皮がめくれ、黒い実が現れています。
七味唐辛子の中の一味ですね。

遊歩道修繕中2

前回に続きまして、
遊歩道の修繕状況についてお知らせします。


今日確認してきたところ、業者に依頼した箇所の遊歩道は、
ほぼ完成していました。

今回紹介するのは、ハッチョウトンボの遊園地部分とヒダサンショウウオのせせらぎ部分になります

a.jpg
↑ハッチョウトンボの遊園地へ続く木道

とても歩きやすくなっていました。ハッチョウトンボが舞う季節になるのが楽しみです(*^m^)


DSC_2248a.jpg
↑ヒダサンショウウオのせせらぎ(ミズバショウの湿地)
ここも、歩きやすくなり
特に、この地点に降りてくる階段がとても改善されていました。
来年の早春に、たくさんの人がミズバショウの花を観察してくれることを期待します。



プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR