炭焼き(第19回)顛末記

ねいの里の炭焼き窯「吉住窯」で2年ぶりの炭焼きを行いました。
平成15年の炭焼き窯作成から炭焼きの中心人物だったM氏が昨年亡くなられ、
詳しいものがいなく手探り状態での炭焼きです。過去の記録を見ながら炭材を
窯に入れ、なんとか準備を完了。
PB151703.jpg

11月25日 9:00に窯焚きを開始。
煙突の温度が80℃を超えるまで、ひたすら焚き続けます。
PB181708.jpg
ところが、焚けども焚けども温度が70℃までしか上がりません。
やむなく11月27日に中止しました。残念(;_;)(;_;)(;_;)

頼成の森の近くで炭焼きをしておられるT氏に指導を仰ぐことにしました。

12月16日 炭材を入れ直し、T氏の指導で再度窯焚きです。
PC161773.jpg
今度は順調に温度が上がり、窯の中にもよく火が回っています。

12月18日 良い炭の焼き上がりを期待しながら、
酸素が入らないように窯を密閉しました。
PC251775.jpg

12月25日 わくわKしながら窯開けです。
焚口を開け中を見ると、焼け過ぎのようです。
PC251776.jpg
火種が残っていて、しばらくすると火が出てきました。
火に水をかけながら必死で取り出します。

(取り出した炭)
PC251780.jpg PC251784.jpg

そのうち火が大きくなって手が付けられなくなってしまいました。
PC251787.jpg
出せなかった炭は窯の中で燃えてしまいました。
またまた(;_;)(;_;)(;_;)

最初は焼き足りず、次は焼け過ぎ。
炭焼きは難しい!!!

窯の中で燃えてしまう炭を見ながら、「今度こそはっ!!!」と心に誓うのでした。


今年も、いがりまさし植物写真教室開催!!

昨年に引き続き、中年女性のアイドルいがりまさしさんによる植物写真教室が開催されました。
朝から雨が心配でしたが、何とか大降りにならずフィールドでの撮影会を終えることができました。
午後からは、受講者の作品の講評。ツボを得たプロの批評に皆さん納得の様子。
最後に、ギターをBGMにスライドショーの上映。
受講者全員満足そうに家路につきました。
番外編は、館長といがりさんの卓球対決。 果たして結果は?

IMGP5789.jpg
展示館前で早速センダンの撮影

IMGP5800.jpg
神妙な手つきで何を撮っているのかな?

IMGP5808.jpg
スライドショーの様子。 女性陣はうっとり。

IMGP5790.jpg
キツネノボタンの実。 講習の成果があったかな?

作ったよー!

ねいの里に60cmほどの雪が積りました。
その雪にもめげず、今日もたくさんの人がきてくれました。
外の寒さを吹っ飛ばすかのように、クリスマスリース作りに熱くなりました。
IMGP4692.jpg
そのかいあって、ごらんのとおりステキなリースが出来ました。
IMGP4702.jpg

植物写真フィールドセミナー

植物写真フィールドセミナー
いがりまさしさんによるワークショップを
11月9日(日)に実施!!!
  
   いがりさんの感性が欲しい・・・どうやって撮るのかな・・  

  IMG_2082.jpg

  受講生の写真  いつもと違う  (^_-)-☆ 

IMG_2096.jpg

ねいの里ではネイチャーフォト展を11月26日から3月30日まで行っています。
皆様の傑作をお待ちしています。

新緑の里山ハイキング

新緑の里山ハイキングに行ってきました。
小雨の中、歩き始めるとホオジロが梢で囀っています。
平等集落を歩いているとキビタキやオオルリと言った夏鳥の声も聞こえました。
ホオノキが枝一杯に葉を広げ、ウワミズザクラや藤の花も見かけました。
本当に初夏へと季節は移って来ています


IMGP3704.jpg

炭焼き小屋の囲炉裏で朝採りタケノコを焼きました。
新鮮なタケノコは甘いです


IMGP3715.jpg

ねいの里の団子汁・・美味しいよ。冷えた体には最高です。

IMGP3718.jpg

参加者の皆さんとジオラマに使う木を作りました。
沢山は出来ないけれど、皆で一緒に作り上げましょう。


IMGP3721.jpg
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR