水辺の生態園がすっきりしました!

ホタルの観察会まで草刈を控えていたため、伸び放題だった池の草を、今シーズン初めて除去しました。
セリ、ミクリやミゾソバなど、繁殖力の強い植物が水面を覆い、本来の植生に影響を与えていましたが、今回の除草で非常にすっきりしました。
 オオガハスももうすぐ咲き始めますので、すっきりした生態園を見学に来てください。
IMGP0715.jpg
作業中の様子。

IMGP0719.jpg
アサザの生育池。これまで全く見えませんでした。

IMGP0721.jpg
除草が終わったミズアオイの池。 スッキリしました。


花の情報

ウツボグサが咲きました
ウツボグサ
コナスビはあちらこちらで咲いています
コナスビ
キツネノボタン
キツネノボタン
(サイコク)ヒメコウホネも咲き始めています
(サイコク)ヒメコウホネ

田植えをしました。

水辺の生態園にある田んぼで、田植えをしました。
ねいの里を利用して、森の保育園を実践している、
(まめでっぽう)と(森のこども園)が合同で行いました。

最初に、苗を植える位置を決める作業から。
六角形の梯子のような道具を転がして、四角形の跡をつけます。
IMGP0505 (640x360)

そして、四角形の角ごとに稲の苗を植えていきます。
IMGP0510 (640x360)
今日植えたのは、もち米。
秋に収穫した後、餅つき大会をします。

オオガハスの池すっきり!

少し肌寒かったのですが、快晴の天候の中、出勤した男性職員総出で、オオガハスの間引きをしました。
毎年行っている管理ですが、これをしないとハスが密植してきれいな花を咲かせることができなくなります。
今年は池の上流側半分をアサザが生育できるように、大規模に間引きました。
アサザはここ数年、ミゾソバやオオガハスに被圧されて、生長が芳しくなかったので来年は楽しみです。

IMGP9820.jpg
作業中の様子

IMGP9829.jpg
これまでで最も太いレンコン。 現代のレンコンの半分の太さはありそう。

IMGP9824.jpg
池の中のギャング・ウシガエルも捕獲

IMGP9831.jpg
きれいになりました。

今年は無事収穫できました!

ハッチョウトンボの遊園地でもち米のイネ刈りを行いました。
昨年は、2カ所の田んぼのうち1カ所がイノシシの被害にあい、半分しか収穫できませんでした。
ことしは、厳重に電気柵を張り巡らしたため、イノシシの被害はなく、また天候にも恵まれたため豊作となりました。
秋の長雨で収穫時期が少し遅れましたが、今日無事収穫を終えました。
子供たちも初めての収穫作業に興奮気味。餅つきが楽しみです。

IMGP9550.jpg
森のこども園のこどもたちも稲刈りのお手伝い

IMGP9559.jpg
刈り取った重たいイネも運んでくれます

IMGP9562.jpg
稲刈り終了

IMGP9556.jpg
はさ掛けをして作業完了

プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR