土砂崩れ?

9月に続いた長雨と台風で、水辺の生態園のショウブ池の山側の斜面が崩れました。側溝が土砂で埋まり大雨が降ると水があふれ出す恐れがあるため、職員総出で復旧作業を行いました。山側と側溝の中の土砂を取り除き、側溝が土砂で埋まらないように側溝にコンクリートのふたをかけました。これ以上崩壊してほしくないなあ。
塾の会写真展1
山側の斜面が崩れたようす

IMGP1493.jpg
職員総出で土砂の除去作業

塾の会写真展2
側溝の底が見えてきました。

IMGP1497.jpg
コンクリートのふたをかけて、「はい、完成」

今年も発見!「ハッチョウトンボ」

今日ハッチョウトンボの遊園地で、ハッチョウトンボの未成熟の♂と♀が確認されました。
毎年供給される水量は一定であり、乾燥を防ぐためヨシなどの除去を行っているのに、ここ数年は発生数が極端に少なくなってきていました。
今年は羽化してくれるかどうか心配していたので、ほっと一安心です。
今年はたくさんのハッチョウトンボが観察できればいいな。
IMG_20180525_111747.jpg
確認された水辺の生態園

IMG_20180525_104853 (640x360)
未成熟のオス

IMG_20180525_112223 (640x360)
未成熟のメス

今年も整備! オオガハス池

小春日和に恵まれた今日、恒例のオオガハスのレンコン採り をしました。
これは株が込みすぎないようにレンコンを間引いて、翌年に勢いのある花を咲かせるための作業で、毎年この時期に行っています。
ただ、今シーズンは花の付きが悪かったため、レンコン採りは池の半分だけにして様子を見ることにしました。
どうか来年こそはきれいな花が咲きますように。

IMGP0196.jpg
池はこのような状況です。

IMGP0198.jpg
職員みんな、老体にムチを打って頑張っています。

IMGP0201.jpg
本日の成果。どうやって食べようかな?

IMGP0204.jpg
池の上流側半分が作業終了。

水辺の生態園がすっきりしました!

ホタルの観察会まで草刈を控えていたため、伸び放題だった池の草を、今シーズン初めて除去しました。
セリ、ミクリやミゾソバなど、繁殖力の強い植物が水面を覆い、本来の植生に影響を与えていましたが、今回の除草で非常にすっきりしました。
 オオガハスももうすぐ咲き始めますので、すっきりした生態園を見学に来てください。
IMGP0715.jpg
作業中の様子。

IMGP0719.jpg
アサザの生育池。これまで全く見えませんでした。

IMGP0721.jpg
除草が終わったミズアオイの池。 スッキリしました。


花の情報

ウツボグサが咲きました
ウツボグサ
コナスビはあちらこちらで咲いています
コナスビ
キツネノボタン
キツネノボタン
(サイコク)ヒメコウホネも咲き始めています
(サイコク)ヒメコウホネ
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR