5号池(大賀ハスの池)の周りにイノシシ用の電気柵を設置

 ねいの里の水辺のビオトープエリアの5号池
(大賀ハスの池)の周りにイノシシ用の電気柵を設
置しました。
イノシシによる掘り起こしがあり、被害を防ぐために
設置しました。これから、大賀ハスが咲く季節ですが
ご迷惑をおかけいたします。
なお、夜のみ通電しており、日中は電線に触れても
電気を流していませんので、電線に触れても大丈夫
です。また、そのまま、電線をまたいで内側に入って
いただいてもいいですが、出入り口を3か所設けて
いますので、ハンドルを手で握り、お入りください。
なお、お帰りの際は、また元の場所にハンドルをおかけ
ください。よろしくお願いいたします。
イノシシ対策用電気柵
出入口





ビオトープの外来植物除去作業!

令和2年7月2日(木)に、ねいの里の水辺の生態園にて、「ビオトープの外来植物除去作業」を、ねいの里の職員で行いました。
園内には貴重な在来植物が多く生息しているので、外来植物が大繁殖し、環境が変わってしまうのを防ぐための大事な作業です。
今回主に除去した外来植物は「セイタカアワダチソウ」、「アメリカセンダングサ」、「キハナショウブ」です。
かなりの数を除去できたため、とりあえずは一安心ですが、残った根からの復活や取り損ねもあると思うので、長期戦になりそうです。

KIMG3425.jpg
セイタカアワダチソウの除去作業

KIMG3428.jpg
除去されたセイタカアワダチソウ

水辺の生態園の護岸整備を行いました。

水辺の生態園の2号池の木杭の護岸が崩れてきたため、子供たちが池に落ちるのを防ぐため、木杭を打ち新たな護岸を作りました。
木杭を池の周りに打ち込むだけの簡単な作業ですが、なかなかの重労働。
1時間余りで作業終了、これで一安心。

IMGP2123.jpg


IMGP2125.jpg

今年も恒例のレンコン採り

今年のオオガハスは昨年の整備がよかったせいか、例年になくきれいな花を咲かせてくれました。
この度、茎や葉がほとんど枯れたため、恒例のオオガハスのレンコン採り をしました。
これは株が込みすぎないようにレンコンを間引いて、翌年に勢いのある花を咲かせるための作業です。
どうか来年もきれいな花が咲きますように。
IMGP1634.jpg
職員総出で汗をかきかき作業をしました。

IMGP1641.jpg
作業後は池の表面はスッキリ

IMGP1640.jpg
毎年採れるレンコン。 やっぱり細い。

土砂崩れ?

9月に続いた長雨と台風で、水辺の生態園のショウブ池の山側の斜面が崩れました。側溝が土砂で埋まり大雨が降ると水があふれ出す恐れがあるため、職員総出で復旧作業を行いました。山側と側溝の中の土砂を取り除き、側溝が土砂で埋まらないように側溝にコンクリートのふたをかけました。これ以上崩壊してほしくないなあ。
塾の会写真展1
山側の斜面が崩れたようす

IMGP1493.jpg
職員総出で土砂の除去作業

塾の会写真展2
側溝の底が見えてきました。

IMGP1497.jpg
コンクリートのふたをかけて、「はい、完成」
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR