【行事報告】竹細工づくりとヘイケボタル観賞【二週目】

昨日行われた
竹細工づくりとヘイケボタル観賞2週目)(σ゚д゚)σ

参加者はなんと約180名!
竹細工づくりやホタルの説明を行った炭焼き小屋の広場
まさかの定員オーバー( ゚Д゚)
ねいの里が盛り上がりました!


今回、受付では
事前に申し込みをしていただいた子連れの家族先着30組に対して
ねいの里の職員でも解くのが難しかった
竹細工の知恵の輪を頒布

さらに、希望者には獲れたて新鮮な立山町産梅とねいの里産ホウノキの葉をプレゼントしていました( ゚Д゚)

さらにさらに、ホウ葉寿司も配布しました。(中には、きな粉ごはんが当たった方もおられると思います。)

16時から開始された
竹細工づくり
CSC_8792.jpg
私が見た限りでは
参加者は小さな行燈や小物入れを作っている人が多かったような気がします。


今回も19時頃に行燈に火が灯りねいの里のホタルの説明が始まりました(`・д・´)
CSC_8798.jpg
はじめにも書いたように
参加者数は約180名
炭焼き小屋の広場には収まらない人の数

全てを入れて写真を撮れませんでした・・・


薄暗さが増し
ホタル観賞会スタートです( ゚д゚)
CSC_8802.jpg
前週よりも飛んでいるホタルの数は多く
参加者全員が飛んでいるホタルを見れたはずです。


CSC_8805.jpg



次回の行事は
7月28日『トンボの調査と標本作り』が行われます。

愛がある

ただいま、子育て中!


エサキモンキツノカメムシ

産卵したメスは、1令幼虫になるまで卵塊を守るんだとか。

IMG_5307.jpg


 がある!

 背中にもね・・・・・。
              ウン!   

【行事報告】竹細工づくりとヘイケボタル観賞( ゚Д゚ノノ"☆

昨日行われた
竹細工づくりとヘイケボタル観賞(1回目)

16時から開始された
竹細工づくり(σ・∀・)σ
DSC_8560.jpg
の小物入れや今回の行事で使用された行燈と同じデザインの行燈など
参加者は思い思いのものを作っていました。

私は、竹で作った知恵の輪がお気に入り(δ´ω`)
実は、行事当日の昼間に職員数名で事務所で知恵の輪が解けずに悩んでました


薄暗くなり、19時頃に行燈に火が灯る
DSC_8590.jpg

DSC_8598.jpg

さらに暗くなり・・・
DSC_8635.jpg
去年以上に設置した行燈は
優しい光を灯していましたo( ゚Д゚)o


20時過ぎ頃になり
ヘイケボタルがちらりほらりと飛び始め
参加者に配布したホタルブクロの花に捕まえたホタルを入れてあげると
ホタルの光がホタルブクロの花全体と照らし、幻想的な光へと変わって参加者の喜びの声がヽ(゚∀゚)ノ

なかなか、ホタルホタルブクロへ入ってくれないということもありましたが・・・



帰り道もイルミネーションが夜道を照らしています
DSC_8641.jpg




次回6月29日(土)に今回と同じ日程で行いますので
ぜひ、お越しください。

水辺に賑わい(´∀`*)

ねいの里の水辺では、以前紹介したような
ハッチョウトンボモリアオガエル以外にも今日紹介する生き物観察できます(゚∀゚)

まずは
お腹が太ーいハラビロトンボヘ(゚∀゚ヘ)
DSC_8409.jpg
その名の通りのトンボです( ・∀・)

大きさはハッチョウトンボよりも一回り大きいの体長約3~4cm

ハッチョウトンボよりも少し乾燥した湿地がお好きヽ(゚∀゚)


ハッチョウトンボが観察できる湿地では
杭の上でカナヘビが日向ぼっこ ヽ(A`*)ノ
DSC_8473.jpg
スマートフォンを近づけて写真を撮っても逃げないほどv(´∀`*v)
リラックスモードでした(^ω^)



そして、水辺の生態園の各所やモリアオガエルのプール、展示館前で観察できる
びらにレースを施したアサザ
IMGP2432.jpg
この細かなレース仕様が可愛らしいφ(゚∀゚ )
緑色の葉との相性も良く、とても鮮やかです。

【行事案内】竹細工づくりとヘイケボタル観賞

6月の行事
定番となったホタル観賞(´・∀・` )
『竹細工づくりとヘイケボタル観賞』

夜の観察会第一段!竹細工光や鳴き声を楽しもう!(^p^)hotaruiv.png


16時から始まる竹細工作りでは
P5310282.jpg
このような小物や遊べるようなものを作る予定です!(*´∀`*)
もちろん材料費は無料!!
また、例年通りの竹アンドンも作ります

薄暗くなってきたら
竹アンドン火が灯り
ヘイケボタルの光がちらりほらり(n `д‘)η
19時15分からはホタル観賞スタート!
IMG_6195.jpg
竹アンドンのイルミネーションとホタルが発する自然のイルミネーションのコラボレーションを見ることができます。

日程
日時:2013年6月22日・29日
   16:00~19:00 竹細工(受付は随時行います)
   19:15~20:30 ホタル観賞
集合場所:自然博物園ねいの里(炭焼き小屋と水辺の生態園)
参加費・材料費:無料
その他:小雨決行



行事は、資料・材料準備のため事前申し込みが必要です。
申し込み:平成25年6月21日(第二回目は28日)までに、電話・FAX・メールで“住所・氏名・連絡先・参加人数”を連絡してください。(´・ω・`)





竹細工だけ作りたい!という人も歓迎します(・∀・)
ぜひ来てください

ヒバカリ

ガラスに張り付いているのは何だと思う?。

ヒバカリです。
IMGP4629.jpg
細身で知られているヒバカリですが、あまりにも小さい!!。
ガリバーの世界に迷い込んだような気がしますね。

その日ばかりの命・・ヒバカリですが、無毒のヘビです。
ハートを手中にしたいと思いますが、バレンタインの頃は、冬眠中・・とか、残念!

チョウも羽化

6月10日に気がついたヒオドシチョウの羽化。

エノキ周辺の人工物や植物などで、たくさんの蛹が観察されたのですが。

IMGP4528.jpg

IMGP4527.jpg




うかうかしてたら、見逃すところでした。


IMG_4957.jpg

トンボ続々

ねいの里ではハッチョウトンボに続き、
様々なトンボが次々と観察できるようになってきています。

いこいの村からねいの里へ続く道の上空では
コシアキ
このようなモノクロのトンボが観察できます
このトンボはコシアキトンボといい

腰(腹部の中央)辺りは白いのが特徴(`・д´・ ;)

このトンボはとても好戦的
大きなトンボがコシアキトンボの縄張りに入ってきてもすぐに攻撃しに行きます。


次に、一見キトンボのように見えるトンボ
ショウジョウ未
このトンボ
実はショウジョウトンボなんです

ショウジョウトンボといえば、真っ赤な姿が特徴的ですが
真っ赤になるのは成熟したオスのみ

メスや未成熟のオスは黄色い体をしています。(σ・∀・)σ




展示館の周りでは
ヤマガラが巣作りをするための物件(巣箱)探しをしています(σ゚д゚)σ
ヤマガラ (1)
より子育てしやすい住まいを求めて
たくさん設置してある巣箱をハシゴしている様子を観察できます。(δ´ω`)

おいしい木の実

春に水辺の生態園などで白い花を咲かせていた
モミジイチゴ
CSC_7673.jpg
このような黄色い実をつけています!(*´∀`)

別名:キイチゴ

イチゴだから食べれます( ´∀`)
ほどよい酸味ありとてもおいしい!




モミジイチゴと同じ水辺の生態園で観察できるのは
ほかにもこんな生き物がいます

CSC_7666.jpg
ムカシヤンマ

ちょっこり飛ぶことが下手なトンボ

園内では、草の上よりもアスファルトやコンクリートの上で見かける機会が多いかも( ^ω^)


カエルの殿様
CSC_7675.jpg
トノサマガエル

ハッチョウトンボを見ることができる湿地の横に作った
田んぼでよく見ることができます!

初夏の生き物続々と(=゚ω゚)ノ

富山県では珍しく
天気の良い日が続いております( ゚∀゚)

そんな天気の良い日に
今、ねいの里で出会うことができる生き物をご紹介します。( ・∀・)
P1140316.jpg
笹のような葉に白く大きな花をつける
ササユリ

園内では、炭焼き小屋周辺で多数のササユリの花を見れる他
森の生態園の日当たりのよい場所の各所で観察することができます!(´・ω・`)


白色緑色つながりで
DSC_7527.jpg
木の上に泡状の卵を産み付けるモリアオガエルの卵も観察することができます(´▽`)
これから、産卵のピークを迎えるモリアオガエルですが
運が良ければ産卵中のモリアオガエルも観察することができるかも☆( ゚Д゚)b

モリアオガエルの泡状の卵は、
展示館裏のモリアオガエルのプール
水辺の生態園のショウブが生育しているエリアで観察することができます。( ・ω・)



しかし、産卵中のモリアオガエルを狙って危険な生き物もいるので注意しましょうヽ(´∀` )
ショウブが生育するエリアで発見したのはこの生き物
P1140336.jpg
ヘビ!( ゚Д゚)
これはみなさん知っているシマヘビです
しかしこの写真のシマヘビには縞は入っていません
体が黒く変化した黒化型と言われるもので、このようなシマヘビカラスの黒色に似ていることからカラスヘビとも言われます。(・∀・)
シマヘビは無毒ですが、立派な歯を持っているので気を付けましょう!

こんな危険な生き物を見つけてしまったら、むやみに攻撃しないように
静かに立ち去りましょう。

日本最少のトンボ今年も現る!(´∀`*)

今年も日本最少のトンボとして有名
ハッチョウトンボが姿を見せました

DSC_7439.jpg
ちいさいですね~
とってもちいさいですね~

えっ?Σ(゚Д゚;)
どれだけ小さいかわからないって?
それなら・・・
P1140333.jpg
わかるかな?
ハッチョウトンボ一円玉(直径2cm)と同じぐらいの大きななのです!

こんな小さなトンボですが
ねいの里の水辺の生態園(ハッチョウトンボの遊園地エリア)ではたくさん観察することができます
今からが見ごろなのでぜひ来てみてください(*´∀`)
そして、この小ささに驚いてください!


また、園内では
夏のトンボの代表格
DSC_7034.jpg
シオカラトンボも見ることができるようになりました。




新設した田んぼ(ハッチョウトンボの遊園地エリア)では
カルガモ警備員と出会えるカモ
DSC_7424.jpg
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR