「昆虫工作と鳴く虫の観察会」が開催されました

昨日「昆虫工作と鳴く虫の観察会」が開催されました。
幸い天気にも恵まれ、約30人の参加者がありました。
昆虫工作は初めての試みでしたが、親子連れが熱心にカブトムシやクワガタムシ制作に挑戦していました。
また、観察会ではクツワムシの「ガチャガチャ」という鳴き声一色でしたが、富山県の絶滅危惧種にもなっているクツワムシがねいの里で順調に繁殖しているのは喜ばしいことです。

IMGP2771.jpg
クツワムシを見つけ観察している様子

IMGP2736.jpg
木工細工でカブトムシを制作している親子

秋に鳴く虫の観察会のお知らせ

暑い日が続きますが、少し夕涼みしませんか?
ねいの里では観察会を実施します。
IMG_1588.jpg
是非、皆様の参加をお待ちしています。

秋の気配

以前、ねいの里のニィニィゼミを紹介しましたが、その後ヒグラシやアブラゼミも現れ、夏の暑さを演出しています。

コピー ~ IMGP4801
                  ヒグラシ

IMG_5755.jpg
                            アブラゼミ





その一方、「立秋」を迎え園内では、ハギやクズ・オミナエシなどの花が見られるようになりました。


そして、セミの仲間でも、夏の終わりを告げるという「ツクツクボウシ」が鳴いています。


コピー ~ IMG_5658
              ツクツクボウシ


秋の気配が忍び寄る園内ですが、「この暑さ」いつまで続くのでしょうか?

ご近所ラジオKNB取材

KNBラジオ 柴田・岡本レポーターが来園。O職員、ラジオ生放送で緊張するかと思いきや、柴田レポーターのあまりの興奮に少々引き気味でした。でも、たまたま来園中の家族にマイクを向けたりして和やかに終了しました。

IMGP2680.jpg

IMGP2683.jpg

くさぎの花が咲いています

8月上旬から、ねいの里のセンダンの木の下あたりに、くさぎの花が咲いています。

IMGP2667.jpg

センダンの樹の辺りに芳しい香りがしていて、リョウブの花の香りとは違うけれど、
何の花の香りかな?と探しました。くさぎ(臭木)とは思いませんでした。
樹木の名の由来は強い臭気がするから臭木と言われていますが、どうしてどうして、花の香りは
香水のようです。
秋になる果実(一度見ると忘れられない位すてきな果実です)も見逃せません。
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR