寒くなりました。

ねいの里でも少しずつ、紅葉が見られるようになりました
黄色が目立つので黄葉かな?
IMG_0419.jpg

ここ最近の雨でキノコが復活!
IMG_0569.jpg
先日のキノコイベントにでてくれていたら・・・


IMG_0520.jpg
最近はリスの姿を、よく見かけます。これから落ち葉が多くなって
野外観察が楽しみな時期です
園内での観察をされる方には、双眼鏡の貸し出し及び予約者への
園内解説をいたしますので秋の里山散策を楽しみませんか?

秋の実り(^ω^)

秋の木の実が観察できる季節となりました。
特に赤い木の実は見つけやすい

ねいの里の森には小さく赤い木の実がたくさんあります( ´,_ゝ`)
DSC_2539.jpg
コバノガマズミの実

このは鳥たちには人気がなく雪が積もる季節まで観察することができます。


DSC_2537.jpg
サルトリイバラの実
バラの仲間なので幹や枝にはトゲトゲがあるので触るときは注意しましょう!m9( ´,_ゝ`)

DSC_2530.jpg
サンショウの実
赤色だった皮がめくれ、黒い実が現れています。
七味唐辛子の中の一味ですね。

稲こき(脱穀)をしたよ!

気持ちよい秋空の下、まめでっぽうの子供たちが、これまで稲架掛け(はさがけ)して乾燥させた稲の脱穀をしました。
使用した用具は、職員とその仲間が修繕した、昔懐かしい「千歯こき」です。
子供達は初めての経験にもかかわらず、器用に脱穀の作業を行っていました。
来年は田植えからの一連の作業を体験してもらいたいと考えています。


IMGP3032.jpg
手作りの「千歯こき」

PA180664.jpg
上手に稲をこく子供たち

黄色に染まり始める

DSC_2368.jpg
台風が過ぎ去り、急に気温が下がり
ねいの里の木々も秋色に色づいてきました

手前の黄色に染まり始めているのはカツラの木です。
近寄ってみると甘~い香りがしますよ!( ´,_ゝ`)


DSC_2375.jpg
ねいの里の田んぼは稲刈りが終わり
干してある稲わらに赤とんぼが休んでいる姿もちらりほらり



ねいの里園内ではありませんが
DSC_2367.jpg
外来植物セイタカアワダチソウが色鮮やかな黄色い花を咲かせています(´゚ c_,゚`)
排除しなくてはいけない植物ですが、放棄水田一面に咲かせた黄色い花は絨毯のようであった+(0゚・∀・) +

キノコ狩り大盛況

雲一つない秋晴れの中、今年で29回目になる「キノコ狩りとキノコ汁を楽しむ」が開催されました。
今年は例年の倍近くの約330人の参加があり、大盛況でした。
ただし、今年は9月から続く晴天と高温のためキノコは不作で、キノコ汁に入れるキノコの確保も四苦八苦の状況でしたので、一杯あたりの量を減らし、料金も100円に値下げして何とか対応しました。
園内で採集できるキノコも例年より少なく心配していましたが、皆さん天候とキノコ汁の味に満足しておられたようで、スタッフもほっといたしました。
来年はキノコがたくさん採れますように!

IMGP2999.jpg
開会式のようす(すごい人数)

PA140632.jpg
あったあった!!(よかったね。)

IMGP3008.jpg
これ食べられる?(残念ながら毒キノコです。)

PA140645.jpg
本日は1杯100円にサービスいたします。

PA140649.jpg
おいしいね。

夏でも赤とんぼ

こんにちわ( ノ゚Д゚)

今回は氷見市トンボの楽園で知られる乱橋池の自然情報を発信します(´∀`*)

皆さんは、皆さんは赤とんぼといえば「アキアカネ」をまずはじめに思い浮かばせると思いますが

実は「夏(ナツ)」と名がつく赤とんぼもいるんですよ( ノ゚Д゚)
DSC_2283.jpg
全身真っ赤に色づいた赤とんぼ
この写真のトンボはナツアカネです( ノ゚Д゚)
まるで、真夏を思わせるような赤色を身にまとっています



ねいの里展示館の正面にもあるクサギを発見´ω`)ノ
DSC_2287.jpg
実が色づきまるでブルーベリーの様
見た目は星☆模様
なんともポップな植物ですか!(^o^)


最後に複数のオオアオイトトンボが観察できました
DSC_2300.jpg
写真の状態は“連結”といい
交尾や産卵時にオスが前、後ろにメスが連なる行動をしています(^o^)
よくこの状態を交尾だといいますが、正確には交尾ではないんですね
イトトンボの仲間だとオスとメスでハートマークの輪を作っている状態が交尾となります。


これらの生き物はねいの里でも観察できますよ!( ´Д`)ノ~バイバイ

嵐のあとで

昨日の風はすごかったですが、空気中のモヤモヤも吹き飛ばしてくれたようで
帰り道に夜景が綺麗に見えました
DSC_4204.jpg
たた、今日の枝拾いは大変でした・・・


新たに、生き物展示に仲間が増えました
DSC00640.jpg
カジカくんです。どこにいるか分かりますか
DSC00654.jpg
環境に合わせて体の色を変えて石に溶け込んでいます。
もう一つこちらも新たにデビュー
DSC00635.jpg
今年ので、ポイントはで周りに溶け込んでる・・・かな
もうすぐ冬鳥が渡ってくる季節です。早く声が聴こえればと思います。

臨時開館

 休園日に保育園2園(砺波市の青島保育所、雄神保育所)と小学校1校(富山市東部小学校)の来館希望があったため、臨時開館 しました。
 小学校や幼稚園、保育園の遠足は火曜日に行われることが比較的多く、これまでは来館の要望があっても休園日ということで断っていました。
 しかしながら、せっかくねいの里の利用を希望してくれる団体があるのに断るのは申し訳ないため、今年から団体利用に限り、開館することにしました。
 これからも、火曜日に利用を希望する団体があればどしどし申込みをしてください。


PA080614.jpg
元気になったトビの放鳥を見守る園児

PA080620.jpg
ウシガエルの観察の様子

秋めいて・・・(=゚ω゚)

ねいの里でも秋の木の実がたくさん実っています( ゚∀゚)
人が食べてもおいしいらしい( ´ー`)
DSC_2196.jpg
ヤマボウシの実( ´ⅴ`)
赤く丸い実可愛らしい

しかし、手に取ってみるとトゲトゲがあって少し痛い(´・ω・`)

そして、口に含んでみるとメロンのような味わい
意外とおいしいのかもしれない



水辺の方では、トンボの産卵が行われていました´ω`)
DSC_2233.jpg
オオルリボシヤンマのメスです
お尻をにつけて産卵をしています

オオルリボシヤンマは秋に観察できる大きなトンボ(^o^)
大きさはねいの里で観察できるトンボの中ではNo.2!
もちろん一番大きいのはオニヤンマ

ねいの里の各所でトンボの産卵風景を観察することができますヽ(´Д` )


そして、水辺の生態園赤とんぼが飛び交い
地上は・・・
ミゾソバが満開、ミゾソバの花にやってきたさまざまな蝶を観察できますd(゚Д゚ )☆
その中でも、私がカメラに捉えたのは
DSC_2254.jpg
ウラナミシジミ
羽の裏面はナミナミ模様で地味ですが
羽を開けばメタリックブルーできれいな蝶(´・ω・)
さらに、羽の末端には尾状突起が付いており、なんだかレアチック

ミゾソバの花畑にはこの蝶以外に
キチョウウラギンシジミベニシジミなど多種多様な蝶が訪れます。

かわいいスタッフさん有り難う!

今週は、社会に学ぶ「14歳の挑戦」ということで、城山中学校から
男女二人の中学生がスタッフとして鳥獣や園内作業をしてくれました。
最終日の今日は、2年間飼育していた小さな子供達とニホンイシガメを池に
放すお手伝いをしてくれました。
DSC00549.jpg

DSC00558.jpg

DSC00561.jpg
午後には、幼稚園の団体さんのお相手もしていただきました。
短い間でしたが、ここでの経験をどこかで活かしてもらえればと思います。
1週間、お疲れさまでした
また明日から平均年齢が・・・

ねいの里は賑やかです!

秋が進むにつれて、虫や鳥の声が多くなりフィールドにでるのが楽しい時期になりました。
今日はとても賑やかな人?KNBラジオの取材が突如ありました。内容は、秋を感じられるものということで、
赤トンボについてお話しました。
DSC00534.jpg

ついでに、来週のイベント「キノコ狩りとキノコ汁を楽しむ」の宣伝もシッカリさせて貰いました。

DSC00538.jpg
取材が終わって直ぐに、申し込み電話が何件もありラジオの偉大さを感じました。
これから紅葉も始まるので里山を歩いて、何か発見するのも良いかと思います。
DSC00269.jpg

DSC00282.jpg
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR