素直な杉

ねいの里は初雪になりました。
フィールドでは見所が少なくなってきましたが、今日は身近な杉の話です。
ねい里の周辺は、杉の中でも成長の早い ボカ杉 と呼ばれる杉が多いです。
昔は電柱によく使われていましたが、最近はあまり利用されずに放置林が多くなってきて
きたのですが、県内では「さとやま杉」として活用がされ始めています。
DSC00996.jpg
杉は素直な木で、いつでも成長が見れます。葉っぱの中間で少し葉が短いのが冬の成長です。
葉っぱの太さや長さを見る事で、場所の日当たりや栄養の様子がわかります。
幹は育つときにネジレながら伸びます、昔の人は良く観察しのがわかります。
なぜならスギを漢字で書くとちゃんとネジレてるでしょ?
身近な生き物も良く観察すると、新しい発見があるかもです。

今日はいい天気でした🎶

週末は天気に恵まれ久しぶりに館内に子供の声が響きました。
IMG_1120.jpg

昨日から、炭窯の火入れをしました。
IMG_1043.jpg
大砲ではありません
IMG_0881.jpg
IMG_0866.jpg
二日がかりで、ようやく中に入れた原木に火がつきました
完全に火が消えるまで1週間ほど、手間がかかりますが里山を伝えていくには大切な作業です。

どんな炭ができるかは、フタならぬカマを開けてみないとわかりません

富山の夜“富岩運河環水公園”ヽ( ゚∀゚)ノ

富山の夜景スポットの代表格といえば
富山駅北にある富岩運河環水公園

現在、イルミネーションが点灯しており
DSC_3026.jpg
ロマンチックな公園となっております

逆に昼間の公園は
DSC_3003.jpg
一見何もなく面白みに欠けていそうな公園ですが
今からの季節は水鳥の観察に打ってつけ!(*´д`*)

冬鳥が続々と渡って来ており
今一番多い冬鳥は
ヒドリガモ
それ以外に、ミコアイサセグロカモメユリカモメを観察することができます。




夜は鳥を観察することができませんが
DSC_3042.jpg
こんな夜景も楽しむことができますよ!


※野外での水鳥観察も夜景観賞も寒いので暖かい服装で!!

冬に備えて

山も麓まで白くなり始めました
木々たちも冬の準備中です。
IMG_0772.jpg
ホオノキです。葉っぱも大きいですが冬芽も大きいです

IMG_0757.jpg
リョウブ、笠をかぶってチョット可愛いですね?

おまえは誰だ!
IMG_0776.jpg
ニワトコ

IMG_0764.jpg
コシアブラ

IMG_0761.jpg
クロモジ

みなさんには、何に見えますか?
もうすぐ冬、個人的にも準備しないと・・・


寒くなりました。

一雨ごとに寒くなっていきます。
そこで、今日は今まで頑張ってくれていた展示生き物の冬越しの準備をしました。
IMG_0702.jpg

IMG_0706.jpg

IMG_0704.jpg

IMG_0707.jpg
皆さんに、ふれあってもらえる生き物が少なくなり寂しいのですが、春にはまた皆さんに、一回り成長した姿を
見てもらいたいと思います。

待ってました

1週間前からつぼみが出ていましたが、待っていた花が咲きました(σ゚д゚)
DSCF1448.jpg
センブリ
白い5枚の花弁に薄紫の線が入って清楚ですねヽ(´ー`)

センブリは噛んで見ると強い苦みがあり、昔から健胃薬として利用されていますが、
良薬口に苦しとはこの事かと思う程苦いです(δ´ω`)

センブリは虫に食べられない様に苦みを身につけたのですね

センブリに良く似た苦みが少なく、花の中央に白い毛が多く葉の幅が広いイヌセンブリというのがあります
イヌセンブリ各地で生育数が減少しているので大切にしましょうね(。・・。)(。. .。)ウン


DSCF1444.jpg
モチノキ科モチノキ属のソヨゴは雌雄異株で
葉が波打っていて風が吹くとカサカサとこすれる音がする事から(そよぐ)ソヨゴと言われています(^o^)

冬になっても赤い実がついている事があり
他の実は無くなるのに何で?
主に木の実を食べる鳥さんにとってはあんまり美味しくないそうな

鳥さんは知っているんだね(^o^)


写真・情報提供:けいちゃん´ω`)ノ



おまけ
富山新港火力発電所
DSC_2888.jpg
富山県内には2箇所の火力発電所がありますが、
排煙塔の数で見分けがつきます(^o^)
写真のように2本建っているのは富山新港火力発電所
もう1箇所は排煙塔が1本建っており、富山火力発電所と呼ばれています

射水市の山中

さて、今回はねいの里を飛び出し
富山県射水市の山中の自然を紹介します( ゚∀゚)

最盛期からずいぶんと飛んでいる個体数が減ってきましたが
DSC_2753.jpg
まだまだいますよ、アキアカネ
そして、交尾や産卵をしているアキアカネの姿をよく目にします(´∀`*)
次世代を残すための繁殖活動を盛んに行っているアキアカネの姿を観察していると、
今年のトンボシーズンも、そろそろ終わりかなと感じます(δ´ω`)


山中を歩いていると
花と実が一緒に観察できる不思議な木を発見
DSC_2895.jpg

DSC_2896.jpg
シロダモです
この木の実は写真では赤く色づいていますが、
このような状態になるには1年かかりますo( ゚Д゚)o
結実した初期は緑色なので、そこからじっくり1年かけて赤色の実となります。

花は秋に咲き、実は翌年の秋に色づくから
花と実が一緒に見ることができる不思議な木なのです。

初めて見たときは、別々の種かと思いましたw((´д`))

秋の名物?

秋も深まり、今年もあらわれました。
コイツです
IMG_0589.jpg
富山ネーム「へクサンボ」と言い正式には「クサギカメムシ」です。
少しでも、ご機嫌が悪くなると 本当臭いですしかも、隙間が大好き
見つけても、そっとしておきましょう!

今日は職人職員?による炭焼き準備がありました。
DSC01047.jpg
炭になる木を中に詰めて窯の周りに穴が無くなる様に丹念に土をぬり直しました。

DSC01051.jpg
火を入れた時に、使うレンガ等の道具もキレイにしておきます。
泥のついたレンガを使うと、隙間ができて良い炭ができません。
DSC01055.jpg
炭焼き準備OK
DSC01056.jpg
たき火を囲んでの団らん、チョット大人の楽しみです!
ここまで、まる一日かかりました。
火入れは今月の23日の予定です。





プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR