夜の古洞の森・野鳥の園

昨晩は新月の夜(・∀・)
こんな夜は街灯に蛾が集まります

ということで町の光の届かない谷合にあり、比較的アクセスの良い古洞の森・野鳥の園にやってきました(・∀・)

一通り見てきたのですが、このしか見つかりませんでした
そ・れ・は
DSC_6679.jpg
オオミズアオです(・∀・)

この蛾とは思えない神秘的な薄緑色の翅をもっています
これだけきれいな翅をもっているからじゃないか?と思えますが
DSC_6684.jpg
顔を見るとモスラのような毛に覆われた姿をしています(゜д゜)
やっぱり蛾です

足は桃色の毛に覆われており何とも可愛らしいルックス
ちなみに毒性はない蛾です


そのほか、古洞の森で蛾を捜索していたらフクロウにも出会えました(・∀・)

古洞の森・野鳥の園関連サイト

ゴールデンウイークが始まりました。

<昨日は、250人近くの方に来館していただきました。
植物の花や緑が増えるなか、動物はどうか?ということで・・・
久ぶりに、調査員のトルーマン君に調べてもらいました
IMAG0049.jpg
タヌキです。犬の様に毎日同じ散歩コースなので、ほぼ毎日の
登場です。
IMAG0065.jpg
犬みたいに・・・ということで、実際に犬も歩いてました。
一応、首輪が確認できたので野良ではなさそうです。
IMAG0085.jpg

IMAG0244.jpg
テンウサギも冬服を脱いだようでスリムになってきました。
IMAG0315.jpg
カモシカのような足?キレイでしょ!ちなみにカモシカのような
足の話がなぜ伝わったか?ねいの里に来館していただければ
お教えします。
IMAG0146.jpg
ニホンジカにガン見されてます。
IMAG0040.jpg
何かに、攻撃を受けました。
IMAG0172.jpg
犯人は、コイツです!




IMG_1926.jpg
ねいの里では、展示生きものも、ようやく冬眠からさめて
ふれあえる生きものも増えてきました。また、ナチュラリスト
による自然解説も始まりました。安近タダなので、来館を
お待ちしております。

富山市瀬戸の植物

県道187号線の沿線にある富山市瀬戸地域へ
ドライブついでに植物観察をしてきました

ねいの里園内ではムラサキケマンが咲いていますが
ムラサキケマン

少し山手に向かうと
DSC_6420.jpg
黄色い花を持つキケマンが観察できます(∀`*ゞ)
鮮やかな黄色ですが、毒性を持つ植物なので口にしない様にしましょう
ちなみにキケマンを観察した場所の標高は約200mです

キケマンを観察した場所では
DSC_6423.jpg
ヒトリシズカも花を咲かせていました
一つ発見してしまえば、二つ三つと発見(∀`*ゞ)


へ戻り
射水市小杉の山中で
DSC_6487.jpg
フモトスミレを確認
花はとても小さく、芽を凝らさないと見えてこない
スミレの季節はまだまだ中盤です(´∀`*)

ムシメガネのすすめ!

園内は花や生きものがドンドン多くなってきました。
そこで、一つ観察の方法をお教えします。植物の中には
目立たずヒッソリと咲いてている花が沢山あります。
DSC_5403.jpg
アオキの花です。クスリにはなりません。
5285
クロモジです。たくさん花がついていますが、よく見ると花の
一つ一つがシッカリしているのがわかります。
DSC_5450.jpg
スミレの花をよく見るとスジがみえます。これをムシが見ると
スジが浮き出て見えて蜜がある方へ案内しています。何か
ネオン街のお父さんのようです
DSC_5462.jpg
葉っぱも生まれたてなのが、よく分かります。
DSC_5475.jpg
太陽に透かしてみると、葉の中に空気があるのが判ります…ただし
太陽は見ないでね!!
DSC_5477.jpg
まだ冬芽のままですが、ちょっとロックンロールって感じがします

イベント「春の生きものとデート」を実施しました。

今日は少し肌寒い日でしたが、50人近くの方に参加して
いただきました。
IMGP6050.jpg
まずは、園内を散策鳥の恋のさえずりが沢山聞かれました。
IMGP6068.jpg
IMGP6074.jpg
リスがとても上手にエビフライを作っていました。春のになって食欲旺盛なのか
沢山落ちていました。

IMG_1898.jpg
IMG_1918.jpg
ミツバツツジやトキワイカリソウが沢山咲いています。
IMGP6116.jpg
IMGP6118.jpg
途中で炭窯の炭だしを見学です。

IMGP6120.jpg
おやつの五平餅、とても美味しかったです
IMG_1903.jpg
IMG_1913.jpg
「カタチが面白い!」や「葉っぱの色は緑だけじゃなんだ?」とか
興味深々でした。

IMGP6140.jpg
最後に、キノコの植菌を体験してもらいました。菌が入った駒を
木にトンカチでトントンと打ち込む単純な作業ですが、意外と楽しい
子どもたちも喜んでくれました。

みなさん!お疲れさまでした。


可愛い花のお便り

ソメイヨシノも散り始めました。春はねいの里でも駆け足です。
すみれも沢山咲き始めています。

(マキノスミレ)
P1011678.jpg

(オオタチツボスミレ)
P1011690.jpg

(ナガハシスミレ)
P1011695.jpg

ほかにも小さな可愛い花がたくさん咲いています。
ぜひ会いに来てください。

園外でもこっそり活動(=゚ω゚)ノ

昨晩は満月少し手前で深夜25時満潮を迎えるということで
富山火力発電所近くの浜に行ってホタルイカを探しましたが
見事にハズレ発光するイカを観察することは叶いませんでした( ・∀・)
次は新月の日にリベンジです。満月は明るすぎた

今、浜辺には白い菜花が咲いています( ´ⅴ`)
DSC_6118.jpg
ハマダイコンの白い花が見ごろを迎えています( ノ゚Д゚)
富山県では海岸沿いだけではなく、河川の堤防でも観察することができますd(゚Д゚ )☆

標高は少し上がり
立山町の水辺ではリュウキンカが花を咲かせていました( ノ゚Д゚)
DSC_6049.jpg

場所はねいの里に戻り
一時、桜の蕾を食べ尽くすことで一部(?)で有名となった
アカウソさん( ノ゚Д゚)
DSC_6078.jpg
いつもは数羽の群れで観察することが多いのですが
今回は1羽だけでした(´Д` )
地上に落ちた木の実を食べている様

花ざかりです。

水芭蕉も咲きだしました。
DSC01751.jpg
サクラも満開になりました。
DSC01762.jpg
その中でも少し寂しい一角があります。
DSC_5340.jpg
ソメイヨシノではなくて、アズマヒガンサクラです。このサクラは、御母衣ダムに
ある「荘川桜」の二世です。
72183_1.jpg
(荘川村観光パンフレットより)
「荘川桜」は樹齢が450年以上で、昭和34年にダムの底に沈むことを
惜しまれて移植されましたが、当時400年も経った老桜の移植は世界にも
例がない大事だったそうです。今も桜の名所で、何度か行きましたがとても
感動します。
DSC01766.jpg
この桜は、平成13年に、自然保護と緑豊な環境づくりの願いを
こめて植えられました。
毎年、花に会うのが楽しみになります♪

続々開花

今年の私は
次々と春を知らせてくるねいの里の自然に追いつけなくなっています ( ・ω・)

今年の春は個人的にも忙しく
置いてきぼり状態(゚Д゚)

さて、そんな私のことも知らないねいの里のフィールドの生き物たち
春の花たちが続々と開花をしています

谷合の園路では
DSC_5943.jpg
トキワイカリソウ純白の花を咲かせています
まだまだ、落ち葉が残る園路に白い花が目立ちます

白い花といえば
DSC_5867.jpg
白から緑色へのグラデーションが爽やかなシュンランも満開です(゚∀゚ )
1週間前には咲き始めでしたが、1つの株からいくつもの花を観察することができます

最後に
森の生態園各所で
DSC_5860.jpg
クロモジも見ごろを迎えています
小ぶりな花ですが、木の枝いっぱいに咲かせた花が壮大です

氷見市の自然

さて、今回は氷見市の春を紹介

氷見市の田んぼではヤマアカガエルの産卵が終盤を迎え
アマガエルを観察できるようになりました
DSC_5793.jpg
茶色の水田に緑のカエルは目立ちますね


水田がある谷合の林縁部にはフキ芽生え
朝だったこともあり
フキの葉の縁には朝露が付き
緑のハートマークを作り出していましたm9( ゚Д゚)
DSC_5805.jpg

ハートマークの葉といえば
あの甘いにおいがするカツラですが
今、花を咲かせています( ゚д゚)
DSC_5747.jpg
甘いにおいがするだけあって
花の色もピンク色です( ゚д゚)
しかし、少し地味な花(゜д゜)
一見花だとは思えない、イソギンチャクみたいな花ですが
これがカツラの花なのです( ゚Д゚)

珍客が来館されました。

ねいの里周辺のソメイヨシノもようやく咲き始めました
DSC_5222.jpg
他の木々も芽吹きの真っ最中です。
DSC_4876.jpg

そんな中、変わったお客さんが・・・なんの鳥かわかりますか?
DSC_2915.jpg

DSC_2916.jpg
ジョウビタキアルビノです。
アルビノとは、遺伝子の突然変異で白化する現象です。
湯浅顧問の話によると、県内で確認されたのは、初めて
かもしれない?とのことでした。
DSC_4958.jpg
トラツグミの姿も見れました。夜に声を聞くと楽しいので、インターネット等で
探して聴いてみて下さい

DSC_5209.jpg
こんな珍客も来館です。

DSC_4916.jpg
キフチョウカタクリにとまる事が多くなりました。

沢山の生きものの気配が、感じられる様になり森に入るのが
楽しくなってきました。

小動物も活動開始

ねいの里のかたかごの丘でギフチョウを待っていると
足元でかさかさ動くひょろ長い生き物が一匹
DSC_5699.jpg
カナヘビです(*´∀`)

一匹見つけたらあとは芋づる式で
あちらこちらで日向ぼっこをしている姿を見かけました。


さて、最近飛び始めたギフチョウですが
なかなかカタクリの花には止まってくれません・・・

本当にカタクリの花には止まってくれないんですよ
そして、
DSC_5735.jpg
キンキマメザクラの花には止まってくれるんですね~
これはこれで、なかなか見られない組み合わせなので良しとしましょう(;´Д`)

ギフチョウカタクリもこれからがシーズンなのでチャンスはまだまだあります。


DSC_5707.jpg
カタカゴの丘の横手には春の代表植物
ツクシも顔を出していましたよ。

プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR