夏休みも終わりですね~

ご父兄におかれましては、大変長いお勤めご苦労様でした。
明日から9月ということで、ねいの里も少しずつ秋めいたものが
見られるようになってきました。
DSCN0900.jpg
ツルリンドウ、略してツルリン 天気が良いと花が開くかな?

DSCN0894.jpg
ヤマノイモのムカゴです、種だと思っている人もいるようですが
これは、栄養を尖端まで送るために一旦栄養をためておくところです。
個人的には、美味だと思っています。
DSCN0897.jpg
実際の種はこちらです。

DSCN0904.jpg
ナラタケモドキも出てきました。少しスジっぽいですが、美味です。

DSCN0902.jpg
これは、食べたらダメ!シロオニタケ!毒キノコです☠

よく考えたら、展示している生きもの の3分の1は可食・・・
食料危機がこないことを祈ります

危険なキノコにご用心 

今年もねいの里の園内にカエンタケが発生しました。
このキノコは毒性が強く、触っただけでも皮膚がただれることがあるそうです。
赤っぽいツノツノのキノコには、観察する時も素手で触れないように注意しましょう。

カエンタケ
P8220182.jpg

秋の気配

厳しい残暑が続いています(^_^;;;)が、ちょっと周りを見つめてみましょう。

展示館前のススキに穂が出ました。
P8210147.jpg

ハギも咲き始めました。
P8210158.jpg

ススキの株元でナンバンギセルが出番を待っています。
P8210180.jpg

以前に、赤ちゃんドングリを紹介したのを覚えていますか?
その後、どうなっているでしょう?

コナラは帽子(殻斗)から顔を出し、ドングリらしくなってきました。
P8210172.jpg

クヌギはまだ、大きくなった帽子の中です。
P8210155.jpg

クリのイガは大きくなり、長く伸びた針が痛くなっています。
P8210149.jpg

クリの木の下には、生長できなかったイガがたくさん落ちていました。
P8210181.jpg

あちこちに秋の気配が感じられます。
皆さんはどんな秋の気配を感じていますか?


今日は何の日?

夏の風物といえば、花火とスイカと蚊!
今日は、とても有名な「蚊の日」です
イギリスの医学者ロナルド・ロスが蚊の胃の中からマラリアの原虫を
発見した事にちなんでいます。(1897年)
イギリスでは、古くからある記念日です。
と、ゆうことで、今回は蚊の話です
蚊の化石は、1億7000万年前のジュラ紀の地層からも発見されています。
飛ぶのはあまり上手ではないですが、風に流されて1000m近くまで飛ばされて
飛行機を使った大気測定器の中から見つかる事もあります。
o0320022510190479526.jpg

o0320022510190479518.jpg

日本には約100種類がいて、血を吸うのが半分の50種類でその中でも
積極的に血を吸うのが30種類だそうです
その中でも、タチの悪いヤツラがコイツラです!
Culex_pipiens_2007-1.jpg
アカイエカ
1024px-Aedes_Albopictus.jpg
ヒトスジシマカ
コイツラには、みなさんも被害にあった事があると思います。
個人的にはヒトスジシマカのほうが、カヤイので刺されたら2回バッテン付けます✖✖
血を吸うのは、メスだけということは、皆さんもご存知だと思いますが
吸血した血は、卵を発達させるだけの栄養にしか使わないので自分の
栄養は、草の汁や花の蜜を吸います。
ちなみに、調べてる中で、足の臭いが好きなので足の近くに集まると
書いてあるものもあったので、臭いに自信がある方はご注意してください。

私は、市販の虫よけスプレーが苦手なので、オレンジ等に含まれる
シトロネラ油とヤマハッカ油をブレントしたものをスプレーがわりに
使っていますが一番の予防は、家の周りに幼虫のボウフラのすみかに
なる「水たまり」を作らないことです、ねいの里では、外の鉢にメダカを
入れて食べてもらってます。
DSCN0885.jpg

蚊の日は、「世界モスキートデー」として世界中で活動されています。
興味のある方は、AGAINST FOUNDATION MALARIAのHPをご覧ください。

子供の頃、蚊帳で寝たのが懐かし・・・・
img55661486.jpg




赤い実と白い花

DSCF1834.jpg
ヤマボウシの果実が真っ赤に色ずきました

直径1.5㎝はあるでしょうか 
食用になり果実酒に適しています

美味しそうですね\(^▽^)/



DSCF1826.jpg
ハシカグサは小さな白い花が茎頂や葉腋に数個づつ咲いています

目立たない花ですが萼の外側に毛が目立つので
ふわふわして可愛いですね

ハシカグサとはどうしてついた名前なのかな?
気になる~(・・∂) アレ?


DSCF1818.jpg
葉が三つに分れているからミツバです

スーパーで売られているハウス栽培とは違い
大きくて固い感じがします 香りは強いです

花期は6~7月なのですがまだ咲いていました
花は本当に小さくて目立たないですね 
けな気で(・・、)ホソボソ頑張れ!


写真・情報提供:けいちゃん( ゚∀゚)

雨の日曜日

8/17朝から雨 雨 雨お盆休み最後の日
悲しくなってねいの里
講師の先生が、トンボの工作を教えてくれました
枝を切って胸としっぽを作り、目は小枝を切って接着
羽は楕円形の葉っぱを半分に切って紐をつけて
笹の小枝でぶ~らぶら 素敵なトンボの出来上がり
今日はねいの里でいっぱい遊んでにっこにこの
一日になりましたo(*^▽^*)o~♪

DSCF1840.jpg
(by ケイちゃん)

雨天の中、咲く植物

今年のお盆は天候の優れない日が多く
なかなか、生き物の観察もできませんでした
しかし植物はそんな天気でも花を咲かせていました


キツネノマゴはシソ科の植物と間違えやすいのですが
キツネノマゴ科植物ですヽ(〃^・^〃)ノ キュート♪

ピンクの唇型をした花がとても可愛いですね
花がつく花穂が親キツネより子キツネよりも
小さい孫キツネのしっぽに似てるから名前が付いたという説があります


オトギリソウ20140818
オトギリソウには黒点が多い

黄色い可愛い花ですが名前の由来がちょっと恐い
この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を斬ったという伝説からついた名前との事( ̄▽ ̄;)!!ガーン


ヒメキンミズヒキ
この黄色の小さな花を咲かせているのはヒメキンミズヒキです

ミズヒキの花でおめでたい花として茶花生け花に使われてきました

キンミズヒキもミズヒキに似た花の付き方をして
黄金色の花をつける事からキンミズヒキとなりました

しかしミズヒキはタデ科で別の種類です
ヒメキンミズヒキ落葉樹林林床や渓流沿いなどに見られ
キンミズヒキより花が小さくて花弁が細く草丈も低くきゃしゃな感じの花です


写真・情報提供:けいちゃん(一部写真けんちゃん)(´・ω・)

実りの気配

今年もハッチョウトンボの池の横で稲を栽培しています
その稲を観察してみると
なにやら穂から白いものが・・・
稲の花
これが稲の花です!

地味なんです
稲はほかの植物のようにきれいな花は咲きません

稲は自家受粉を行う植物なので昆虫のような花粉を運ぶ生物の力を借りなくても良いので
昆虫を呼ぶための綺麗な花は持ってないのです( ゚∀゚)
確実に秋が近づいてきています(゚д゚)



そのほか、水辺では生物の営みが観察できます( ´∀`)
DSC_2481.jpg
キイトトンボです(  ゚∀゚)

写真を見てわかりますか?((´^ω^))
2匹いるんですよ((´∀`))

連結しているのがわかるでしょうか( ^∀^)
前が♂、後ろが♀です(´∇`)

交尾や産卵の前後に観察できる様子です(^Д^)
なので、このキイトトンボたちはラブラブカップルなんですよー
連結中のトンボたちは、普段の俊敏な動きができなくなるため
とっても捕まえやすいのですが、
来年もトンボ観察できるように交尾中・連結中トンボはそっと観察をしましょう(´∀`*)



春にカタクリが花を咲かせていた展示館前の木陰では
DSC_2488.jpg
ウバユリが花を咲かせていますヘ(゚∀゚ヘ)
いこいの村から遠回りする車道の斜面ではすでに子房が膨らんでいましたが
展示館前の個体は少し成長が遅いようです( ̄ー ̄)

夜の昆虫大探検PART1

8月9日「夜の昆虫大探検 PART1」 を行いました。

あいにくの雨の中、47名の皆さんが参加して、
まず、カブトムシやクワガタを作る工作教室です。

「むずかしいなぁー、困ったぞぉー」(^_^;)
P8090103.jpg

「かっこいいのは、どのへんかなぁー」???
P8090105.jpg

などと言いながらワイワイガヤガヤ作っていたのは、こんなものです。
P8090109.jpg
(チョット肥満気味のクワガタは、私の作品だよ。)


暗くなってくると、ライトトラップに昆虫が集まりだしました。
P8090116.jpg  (ライトトラップの様子)

期待したカブトやクワガタは来なかったけど、きれいな蛾が来てくれたよ。
オオミズアオ  
P8090113.jpg

ヤママユ  (今年は黄緑色の繭がたくさん目につきました。)
P8090112.jpg

9月13日(土)には、「夜の昆虫大探検 PART2」 を行います。
暗い林の中を歩いて虫の声を聞いたり、ライトトラップで虫を集めたりしましょう。
来てくださいねェー。


雨な一日ですな?

先週と比べると気温が10℃も違う!
久しぶりの☂も良いものですね?
展示館前のクサギも潤おいを取り戻して、しっとりした感じです
DSCN0720.jpg
クサギ追いし♪なんて歌っていたら怒って、ウサギが出てきました

S0881747.jpg
さすがにツノは出していなかったのですが、なぜ「兎に角」で「とにかく」なのか
誰か知りませんか?

DSC_0345.jpg
コナラの木では、会議が行われていました。
ちなみに、「カナブン」と「コガネムシ」は似ていますが
ちょっと違う仲間になります。
コガネムシの方が木の葉や根っこを噛じるので嫌われる事が
多いようです・・・私はコガネは好きです

DSCN0732.jpg
☂の中で頑張るクライマーたちの苦労がうかがえました!

水辺の生き物

の中はカブトムシクワガタムシで賑わっていますが
水辺でもひっそり生き物が活動しています

オオイトトンボ20140808
オオイトトンボ
大きくない(゚Д゚)
小さなトンボです
びっくりすると飛び立つので、観察するときはお静かに


DSC_2465.jpg
ハッチョウトンボ保護池に咲く小さな花
ヒメシロネです
根っこが白いことからシロネという名前が付いたという説があるそうです(;´゚д゚`)


さて、これはなんでしょうか・・・
オオガハス(実)20140808


答えは、、、
オオガハス
オオガハスの実でした
まだまだ未熟な実ですが、これから熟していきます

園内の花(屮゚Д゚)屮

最近の富山は夜になっても日中に上昇した気温が低下せずに
連日暑い夜を過ごしております( ゚Д゚)
そろそろでも降ってくれればいいのに・・・

さて、本日はねいの里の休館日だったので
汗を流しながらじっくり植物観察をしてきました( ´д)

ツリガネニンジン
もうピークは過ぎていました(`ζ´)
個体によっては子房(種となる部分)を膨らませているものもありました


緑が覆いしげる斜面では
DSC_2426.jpg
クズを観察できます(,,゚Д゚)
クズはこれからが見頃です


水辺では
DSC_2427.jpg
ガガブタが満開です(・∀・)
やや観察し難い場所にあるので
展示館入口では観察しやすいように実物展示をしています
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR