ハッチョウトンボが飛び始めました

今年もハッチョウトンボが飛び始めました。
日本一小さいトンボです。(一円玉の直径とほぼ同じ大きさです。)
P5274821 (640x480) (未成熟の雄)
雄は成熟すると赤くなります。

P5274824 (640x479) (雌)

小さいのでヨーク探さないと見つかりません。(根気よく探してください。)

モリアオガエル産卵

モリアオガエルの産卵が増えました。
産卵は5月11日頃から始まっていましたが、久しぶりの雨でたくさん集まってきたようです。
P5274806.jpg

1匹のメスに3~4匹のオスが抱き付いています。
P5274813.jpg

午前中の早い時間にこんな光景を見ることができるかもしれませんよ。

花の散歩道

緑の濃くなった園内でヤマボウシの花が目に付くようになってきました。
ヤマボウシの花は、4枚の白い大きな花びらを持っていると思っていませんか?
P5250313 (640x480)
4枚の白いのは総苞片と言って、花びらではないんですよ。
本当の花はその中心にある黄緑色のところ。
小さな花がたくさん集まって、丸い玉のようになっているところなんですよ。

拡大すると、こんなに可愛い花なのです。(ツブツブはまだ蕾)
P5220276 (640x480)

ササユリも咲き始めました。
P5250311 (480x640)

展示館の前ではセンダンが薄紫の花を付けています。
P5250314 (640x480)

22日の「初夏の植物観察」の中で、シロシタホタルガタンナサワフタギを観察中に、
ホタルガ
の幼虫を見つけました。
ねいの里でホタルガを見たという人と、見たことが無いという人がいて、
数日前から食草のヒサカキを注意して見ていたのです。
P5220273 (640x480) (ホタルガの幼虫)
幼虫の発見でいることが確認できました。
 
P5080174 (640x480) (シロシタホタルガの幼虫)

水生庭園ではヒメコウホネが見ごろになってきました。
P5230307 (640x480)
大きな葉の陰に隠れるように咲いているので、写真に撮るのが難しいです。
産卵にきているモリアオガエルとのツーショットが取れるかも…。
P5230306 (640x480)

今日はこの辺で。
ではまた。 

ねいの里の生き物調査「初夏の植物観察」を行いました。

5月22日(日)に、ねいの里の生き物調査「初夏の植物観察」を行いました。
これは今年度から始めた、子供を対象とした「ねいの里の生き物調査・5回シリーズ」の
第1回目として行ったものです。
第2回目は、8月7日(日)に「トンボの観察と標本作り」を行います。

さて、今回「初夏の植物観察」では、
ドングリには1年で実るものと、2年で実るものがあることや、
ショウジョウバカマの増え方、
昆虫の幼虫は決まった植物しか食べない偏食するものが多いこと、
植物にはトゲや匂いのする物質で身を守るものがあることなどを、
オリエンテーリングをしながら学びました。

(クヌギの実の観察)
P5220265 (640x480)
来年ドングリになる実は、まだ小さいので、よーく見ないとわかりません。

(植物の香りを確認)
P5220271 (640x480)
クロモジの香りを確認する。

(昆虫と植物との関係)
P5220272 (640x480)
シロシタホタルガの幼虫と、食草のタンナサワフタギを観察する。

モリアオガエルの産卵始まる

木々の緑が濃くなってきましたね。
ねいの里ではモリアオガエルの産卵が始まりました。
5月11日の雨の後産卵が始まったようです。
P5150247.jpg
モリアオガエルというと、水辺の木の枝に産卵している光景を思い浮かべますが、
ねいの里ではショウブの葉の中にもたくさん産卵します。
ショウブ池にはこれから産卵するモリアオガエルが来ています。
P5084800.jpg

初夏の花カキツバタが見ごろになっていますよ。
P5150249.jpg

野鳥ふれあいの日

今日は天気がよく、とても気持ちがいいです。
音川保育園のこどもたちが歩いてきてくれました。
「まめでっぽう」のこどもたちも一緒です。
野鳥ふれあい週間なので「わたしのことり」と言う紙芝居を読んだり
ヒナにえさをあげたりするのを見ました。
ねいの里に持ち込まれたスズメのヒナが大きくなったので放鳥しました。
こどもたちは、拍手で飛び立ったスズメをみをくりました。
P5130217.jpg

P5130244.jpg

RIMG1198.jpg

新緑の里山ハイキングを行いました

5月1日、自然塾の会の恒例行事「新緑の里山ハイキング」を行いました。
今回のコースは、婦中ふれあい自然公園を出発し、古洞の森から高塚トンネルへ出て、
藤ヶ池の縁を巡ってねいの里までの約6.7kmの行程。
参加者は5歳の女児二人を含む総勢30名。
草花や樹木、鳥の観察をしながら、さわやかな新緑の中を歩きました。
P5010144.jpg

藤の花が見ごろで、人工物を占領した藤も見事に咲いていました。
P5010146.jpg

オオルリが美しく囀りながら長いこと姿を見せてくれました。
P5010149.jpg (オオルリを観察中)
(残念ながらオオルリの写真が撮れませんでした。)

道端にはヒトリガの幼虫がうようよ。大発生なのかしらん?
P5010152.jpg

ハラビロトンボも見ることができましたよ。
P5010159.jpg

身も心も若葉色に染まったような一日でした。
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR