ねいの里クイズ

ねいの里クイズの第1回です。まずは、2つの写真をよく見てみましょう。

シカ(ニホンジカ)
ニホンジカ20171130
カモシカ(ニホンカモシカ)
ニホンカモシカ20171130

問1 シカはその名のとおり、シカの仲間(シカ科)ですが、
   それでは、カモシカは何の仲間でしょう?(何科でしょう?)
     ア 馬(ウマ)  イ 牛(ウシ)  ウ 豚(ブタ)

問2 上の写真で、シカ と カモシカ はどこが違っているでしょう?
    ん? ヒントが欲しいって?  頭の部分を見てくださいね!

問3 上の「シカ」の写真を見てください。これは雄(オス)でしょうか、雌(メス)でしょうか?



分かりましたか?
では答え合わせです。

問1は、牛(ウシ) が正解です。ウシ科になります。さらに狭めると「ヤギ」に近いといえます。

問2は、次の写真を見てください。シカ科とウシ科の違いは角(つの)の形によく出ています。
シカとカモシカの頭
シカの角は枝分かれします。それも一年でまた生え変わります。ちなみに「鹿島アントラーズ」の名前はこの角から来ています。
ウシ科の角は一角です。この角は一生成長を続けます。このままグルリと丸くなる形は「ホルン」にたとえられたりします。

問3は、雄(オス)が正解です。シカの仲間ではトナカイの仲間を除いて、オスにだけ角があります。
一方、ウシの仲間は、オスもメスも角があるのです。

では、来週またクイズをやりますね。さとなら、さよなら、さよなら。。。

研修会「カイニョが支える地域の生態系」を開催

日本ビオトープ管理士会富山県支部とねいの里自然塾の会合同の、散居村のカイニョに関する研修会が開催されました。
講師は、富山大学芸術文化学部の奥敬一准教授で、午前中はビオトープとしてのカイニョの価値や今後の可能性、課題などについて話がありました。
午後からは、富山市月岡の神社と邸宅を見学し、植生の状況を調査しました。
改めて、カイニョのすばらしさを実感させられた一日でした。

IMGP0351.jpg
奥先生の講演

IMG_20171125_150313.jpg
月岡新神社の境内

IMG_20171125_143151.jpg
杉の大径木の調査(直径105cmもあった)

赤い実特集~後半~

ねいの里の赤い実特集の後半です。

まずは、百両 カラタチバナです。ねいの里には2株しか実っていません。
karatatibana20171123.jpg

ミヤマウメモドキ  ウメモドキより湿ったところが好きな木です。「ミヤマ」ですが里山にも多いです。
miyamaumemodoki20171116.jpg

ツルシキミ(ミヤマシキミ) 赤い実は毒です。見るだけにしましょう。
turusikimi20171116.jpg

サルトリイバラ   「サンキライ」とも言われますが、この名前は漢方薬のドブクリョウ(サンキライの生薬名)の代用にされたので広まった別名のようなものです。
sarutoriibara20171116.jpg

アオハダ  ソヨゴやウメモドキの仲間ですが高木になります。
aohada20171116.jpg

赤い実特集~前半~

今日は「赤い実特集」のその1 です。
12日(日)のネイチャーゲームと宝探しの、「宝」は赤い実でした。
ねいの里にはいくつも赤い実がありますのでご紹介しましょう。

まず、コウライテンナショウの実  マムシグサの仲間です。
kouraitennanshou21071116.jpg

ウメモドキの実  この仲間はあまりおいしくないので遅くまで残っています。
umemodoki20171116.jpg

ソヨゴの実  高くなる木ですが時々こんな低い木もあります。
soyogo20171116.jpg

ヤブコウジ  いわゆる十両。 足元を見ていると見つかります。
yabukouji20171116.jpg

ツルアリドオシ  こちらは一両。 あしもとにひっそり成っています。
turuaridousi20171116.jpg

コマユミ  マユミの仲間ですが、こちらは実も小さいですね。
komayumi20171116.jpg

ネイチャーゲームと宝探し

11月12日(日)、セーブジャパン・プロジェクトとして、ねいの里自然塾の会、富山県自然博物園ねいの里、富山県シェアリングネイチャー協会、市民活動サポートセンターとやま の共催事業「おや子で道くさinねいの里 秋の章~ネイチャーゲームと宝探し~」が行われ、親子16組44人が参加しました。

ねいの里を散策しながら、親子でネイチャーゲーム等をしたり、宝のキーワード4文字を並べ替えてできる「宝」の写真を撮ってくるという、ちょっと欲張りな行事です。

手持ちカードと地図(カードと同じイラストが地図にもあるので、そこまで行って、ゲームをしたり宝のキーワードを探します。でも①の宝のキーワードは「村人」に聞いてね!)
カード地図写真

最初は木の葉屋さん  じゃんけんをして落ち葉を集めます。(勝つと拾うことができる)
能登 木の葉屋さん1

森のいろり屋さん  ここの炭焼き窯では炭焼きにどれぐらい時間がかかるでしょう?
答えを書いたらマシュマロを焼いて食べます
20171112-04いろり屋さん

森のお医者さん 聴診器を使って樹の音を聞きます。どんなふうに聴こえたかな?
20171112-05お医者さん

宝のキーワード③  このキーワードは「あ」かな?
能登 宝のキーワード3

森の不思議屋さん  箱の中のものをそ~っと触って、何でしょう?
20171112-02不思議屋さん

あっ!村人発見! 宝のキーワード①のクイズを聞こう。キーワードは「実」だ!
能登 村人発見

森のお茶屋さん  お茶を飲んでどの草木のお茶か当ててみよう! これはいい香りがするぞ。
20171112-07お茶屋さん

ゴールしたら、集めた木の葉で「森の窓」をつくろう!
能登クラフト0
能登 クラフト


宝のキーワードは、「実」、「か」、「あ」、「い」の4文字。これを並べ替えると・・・「あかい実」だ!
すべての家族が赤い実の写真を撮れました!
(写真の一部は、市民活動サポートセンターとやま からお借りしました。感謝)

ネイチャーゲームと草木染めをしました。

11月5日にネイチャーゲームと草木染めが開催されました。
IMGP0206.jpg

豆や割りばしを使って模様をイメージしていきます。
IMGP0210.jpg

昨年はクサギの実だけでしたが、今回はタマネギの皮にも挑戦しました。茶色の鍋がタマネギです。
IMGP0215.jpg

ハンカチに色が定着するまでの間、ネイチャーゲームをしました。
IMGP0220.jpg

世界に一枚だけの素敵なハンカチになりました。
IMGP0241.jpg

今回使用したクサギの実です。
IMGP0225.jpg





今年も整備! オオガハス池

小春日和に恵まれた今日、恒例のオオガハスのレンコン採り をしました。
これは株が込みすぎないようにレンコンを間引いて、翌年に勢いのある花を咲かせるための作業で、毎年この時期に行っています。
ただ、今シーズンは花の付きが悪かったため、レンコン採りは池の半分だけにして様子を見ることにしました。
どうか来年こそはきれいな花が咲きますように。

IMGP0196.jpg
池はこのような状況です。

IMGP0198.jpg
職員みんな、老体にムチを打って頑張っています。

IMGP0201.jpg
本日の成果。どうやって食べようかな?

IMGP0204.jpg
池の上流側半分が作業終了。
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR