冬の生き物

冬の間の生き物やその痕跡を見つけに行きました。

イラガの出た後 上の方が丸く外れて蛾が飛び立ちます
20180118イラガ出た後

ニイニイゼミの抜け殻を発見
20180118ニイニイゼミ

ウスタビガの出た後 下に卵が産みつけられています。植物やさなぎの殻に産卵し、卵で越冬します
20180118ウスタビガ

オオカマキリの卵(鞘) 枝から外れていました。
20180118オオカマキリ

こちらはハバビロカマキリの卵(鞘)です
20180118ハバビロカマキリ

全国一斉ガンカモ類調査に協力

環境省では毎年、全国一斉に「ガンカモ類の生息調査」を実施しており、今年は1月14日でした。
ねいの里でも、県からの依頼で調査に協力しており、今年は4地点で行いました。
DSCN8042.jpg
富山市八尾町の上高善寺付近のハクチョウの群れ
(オオハクチョウとコハクチョウを合わせて200羽近く確認できました。)

DSCN8043.jpg
コハクチョウの群れ

DSCN8047.jpg
観察しているバーダーも

IMG_20180114_121307.jpg
古洞池でもたくさんのカモを確認




春の七草頒布 舞台裏

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

さて、新年早々、今年最初の行事「春の七草頒布と正月遊び」を開催しています。
ここで、春の七草頒布までの一部をご紹介します。
この日を迎えるまで、仏の座(コオニタビラコ)、御形(ハハコグサ)、ハコベ、ナズナ、セリなどを集めておくのが大変なのですが、それらはカットして、トラックで運んだところからです。

雪の中、畑から掘り起して、トラックで運びました。着いたところでやっと撮影です。
20170104トラック

運ぶと、次は水洗いです。
20180104洗い方

20180104洗い2

洗い終わると、種類ごとに集めます
20180104箱詰め前

必要な分だけ取り分けて、
20180104箱詰め前2


パックに詰めていきます。
20180104パック詰め

パックに入れ終わって頒布となります。
20180104パックに入れて頒布
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR