ジュニアナチュラリスト養成講座

6月30日 富山県ジュニアナチュラリスト養成講座がねいの里で行われました。
34人の小中学生が受講し、自然にかかる色々なことを学んでいます。

記念放鳥  鳥獣保護センターで救護されていたスズメを放しました。左上にスズメのアップがあります。
00記念放鳥

オリエンテーション
01開講

「野外活動における注意事項」と題して佐伯克美氏からお話しがありました。
02佐伯先生

3班に分かれて、展示と鳥獣保護センターの説明を受けます。
03展示説明

04展示説明

鳥獣保護センターでは救護の現場を見せてもらいました。
05鳥獣保護

午後からは「ねいの里のあらまし」の説明の後、3版に分かれてフィールどを観察しました。
ハッチョウトンボ、モリアオガエル、ホクリクサンショウウオ、炭焼き小屋、年輪調べなどを行いました。
06フィールドへ

07フィールドへ

今週の見ごろの花

今年の梅雨は暑いですね。
暑い中でもお花たちは咲いていますよ。

ウツボグサ ドクダミの白い花と一緒に
ウツボグサ と ドクダミ

ノハナショウブ  ハナショウブの原種の一つと言われています。
ノハナショウブ20180628

カキツバタ  からごろも きつつなれにし つましあれば はるばるきたる たびをしぞおもう(伊勢物語 東下り)
カキツバタ20180628

サイコクヒメコウホネの黄色い花も咲いています。
サイコクヒメコウホネ20180628

キツネノボタン 一つひとつは目立ちませんがかなりの数があります。
キツネノボタン20180628

ノアザミ
ノアザミ20180628

ヤブコウジはもうすぐ咲きそうです。
ヤブコウジ(つぼみ)20180628

今週の見ごろの花

ねいの里とその周辺では、アジサイやハナショウブがにぎやかな頃です。
ここでの紹介は園芸品種以外ですけれど、普通にアジサイやハナショウブも楽しめるころです。
水生庭園ではカキツバタ、ノハナショウブ、ミクリ、アサザ、サイコクヒメコウホネ
横には、ウツボグサ、コモチマンネングサ、ホソバノヨツバムグラ、キツネノボタンなどが咲いています。
浄化槽の横には、クマノミズキが咲いています。

展示館前にはカワラナデシコ(エゾカワラナデシコ)が咲き始めています。秋の七草のひとつですが早く咲くのです。
カワラナデシコ20180621

どっこいササユリもあちこちににまだ咲いています。
ササユリ20180621

サイコクヒメコウホネは満開
サイコクヒメコウホネ20180621

ノギランは咲き始め。これから尾根道などでさらに咲き始めます。
ノギラン20180621

ヤマアジサイも咲いています。
ヤマアジサイ20180621

5月上旬に幼虫だったホタルガ(ヒサカキなどを食樹とする方です。)
ホタルガ20180621


モリアオガエルのオスでしょう。
モリアオガエル20180621

ヘイケボタルの鑑賞会を行いました。

6月16日にヘイケボタル鑑賞会(一回目)を行い、参加者は約150人でした。

心配した天気も午後から良くなり、風も弱く、月齢は約3で月明かりも無し。
ただ一つ気掛りなのは、気温がちょっと低めなこと。

竹細工作りやバイオリンのミニコンサートを楽しんだり、
クイズを交えたホタルの解説を聞いたりしながら、暗くなるのを待ちます。

(竹細工作り)
IMGP1030.jpg
IMGP1029.jpg

(バイオリンのミニコンサート)
P6162056.jpg
P6162060.jpg (カモシカ君も聞いてたよ)

(ホタルの解説)
IMGP1048.jpg

午後7時45分、ホタル観賞に水辺の生態園へ出発。
暗くなった8時過ぎからヘイケボタルが光り始めました。
やっぱり気温が低くてホタルの活動が鈍く、
多くは水辺の草むらでほのかに光っていました。
(残念ながらホタル観賞の写真が撮れませんでした。)

それでも、ちらほら飛び交うヘイケボタルの神秘的な光に感激しながら流れ解散。
最後の人が帰って行かれたのは、9時頃でした。


今週の見ごろの花

水生庭園の見ごろの花が目立ちます。アサザ、ミクリ、サイコクヒメコウホネ、ウツボグサをはじめ、ケキツネノボタン、キツネノボタン、コモチマンネングサなどが咲いています。
炭焼き小屋のササユリは見ごろです。
展示館前は、ヤマボウシ、ムラサキシキブなどのほか、アイノコヘビイチゴ、ルリニワゼキショウ、アオオニタビラコなどの小さな花たちが咲いています。

アサザ 池に黄色花が鮮やかです。
アサザ20180614

ノハナショウブ 咲き始めました。花弁の中央には黄色い筋があります。
ノハナショウブ20180614

ミクリ 実が栗のようになります。
ミクリ20180614

ウツボグサ タテヤマウツボグサよりは若干小さくて葉柄がきちんとあります
ウツボグサ20180614

サイコクヒメコウホネ  コウホネとヒメコウホネ・オグラコウホネの雑種起源と言われています。
サイコクヒメコウホネ20180614

コモチマンネングサ  田んぼの畦などによく生育しています。
コモチマンネングサ20180614

今週の見ごろの花

夏の装いとなりつつあるねいの里です。
それでも、ササユリ、ヤマボウシ、ニガナ、コナスビ、キツネノボタン、ヤマツツジはまだ花が楽しめます。
小さな花では、ウメモドキ、ムラサキシキブ、ソヨゴ、イヌツゲの花が咲いています。
ホソバノヨツバムグラなどは特に小さな花ですね。

ササユリ
ササユリ20180607

ヤマボウシ
ヤマボウシ20180607

ウメモドキ
ウメモドキ20180607

ムラサキシキブ
ムラサキシキブ20180607

ホソバノヨツバムグラ
ホソバノヨツバムグラ20180607

ヘビイチゴ(アイノコヘビイチゴ)
ヘビイチゴ20180607

ニガナ
ニガナ20180607

富山銀行新入行員さんにボランティア活動をしていただきました。

富山銀行の新入行員の研修で、ねいの里でボランティア活動を行っていただきました。
作業内容は、遊歩道に倒れてきた枝の除去です。
約20人の行員が1時間余り作業をしていただいたおかげで、歩道はスッキリしました。
普段、力仕事をすることがない方々ですが、頑張っていただきました。
IMGP0954.jpg

IMGP0952.jpg

IMGP0963.jpg
参加者全員で記念写真! お疲れ様でした。

「五福公園まちなかまつり」で木工教室開催!

富山GRNサンダーバーズの試合がおこなわれた五福公園で「五福公園まちなかまつり」が開催されました。
ねいの里でも、同じ公益財団法人富山県民福祉公園が主催するイベントに協力することになり、会場の一角で「木工教室」を行いました。
恒例の木の実や木の枝を使った工作でしたが、快晴の天気のもと、約100人の親子に参加していただきました。
IMG_20180602_151631.jpg

IMG_20180602_142937.jpg

IMG_20180602_150144.jpg

プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR