ホタルガ と シロシタホタルガ

7月9日 今年初めてのシロシタホタルガの成虫を見つけました。
良い機会ですので、ホタルガとの違いを押さえておきましょう。

シロシタホタルガ成虫 7月9日 上翅の白い線がほとんどV字にはなりません。
(あまりいい説明ではありませんね。表現しにくいのです。)
ホタルガより2~3週間遅れて成虫が見られます。ですので、幼虫もこちらの方が遅いのかもしれません?
シロシタホタルガ20200709

シロシタホタルガ 裏から撮影 決定的な違いは、下翅にも白い部分が目立ちます。
シロシタホタルガ裏20200709

ちなみにこちらがシロシタホタルガの幼虫 5月14日 タンナサワフタギなどハイノキ科を食樹としています。
シロシタホタルガ幼虫20200514




ホタルガ成虫6月25日 上翅の白い線が少しだけですがV字に見えます。 ホタルガの方が早く成虫が見られます。
昆虫ホタルガ20200625

ホタルガ こちらの下の翅は真っ黒です
昆虫ホタルガ220200625

ちなみにホタルガの幼虫 5月28日。ヒサカキなどを食樹としています。
撮影はシロシタホタルガより遅いのですが成虫はホタルガの方が早いことから、実は幼虫ももっと早くからみられるのかもしれません。
ホタルガ幼虫20200528

今週の見ごろの花(令和2年7月9日)

今週の見ごろの花
令和2年7月9日

大雨のあと、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
だんだん梅雨明けを見越した花が咲き始めています。
ヤマトミクリ、オオバギボウシ、イヌヌマトラノオが咲き始めています。
大賀ハスは先程紹介しました。
ちいさなものでは、ヤブコウジ、ホソバノヨツバムグラなども咲いています。

ヤマトミクリ  ねいの里ではミクリが多く、ヤマトミクリはほんの少しだけです。
ヤマトミクリ20200709

イヌヌマトラノオ  オカトラノオとヌマトラノオの雑種とされています。ねいの里はオカトラノオが少なくなってこのイヌヌマトラノオとヌマトラノオばかりです。
イヌヌマトラノオ20200709

ウツボグサ
ウツボグサ20200709

ヤマアジサイ
ヤマアジサイ20200709

ノギラン
ノギラン20200709

オオバギボウシ
オオバギボウシ20200709

サジガンクビソウ  もう少しで花という時期ですが、これ以上開かずに終わっていきます。
サジガンクビソウ花20200709

大賀ハス 咲き始めました

まだかまだかと首を長くして待っていましたが、ようやく大賀ハスが咲き始めました。
これからどんどん咲いてくると思われます。

池の周りには、イノシシ対策の電気柵がめぐらせてありますが、昼は通電しておりません。
またいで入るか、ハンドルのあるところで一時的に外してお入りください(また戻してくださいね)

大賀蓮20200709
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR