インターンシップとカワセミ


9月に入り、8月の後期に比べてねいの里も涼しくなってきました。
私は、このねいの里にインターンシップをさせていただいている、専門学生の平と申します。

このねいの里で働かせていただいてから、もう1週間が過ぎていきました。
私は、主に鳥獣保護センターの方で傷病鳥獣たちのお世話をしています。
毎日が新しい発見の連続で、ここでのお仕事は私にとってとても良い経験になっています。


そして今日、鳥獣保護センターに新しい仲間がやってきました。



IMGP2813.jpg

このちょこんと座っている鳥が今日新しくやってきたカワセミです。
水辺に生息し、主に魚を食べて暮らしている小鳥です。
テレビや写真などでは見たことがありますが、こうして本物を見るのは私は初めてでした。


IMGP2806.jpg

野生下のカワセミは、魚がいる水中へ勢いよく飛び込んでいき、その長いくちばしを巧みに利用して魚を捕まえます。
ですが、このカワセミはまだ自分で魚を捕る元気がないため、私たちが直接口まで魚を運び、食べてもらいます。

ここに運ばれてくる傷病鳥獣は自力でエサを食べようとしない場合があるので、そんな時は私たちがエサを食べさせます。当の本人(?)は多少苦しいとは思いますが、命が最優先です。

この写真では、大きなドジョウを一生懸命に飲み込もうとしています。
早く元気になってもらいたいですね。



カワセミ以外にも、この鳥獣保護センターには様々な傷病鳥獣がいます。
実は気絶しただけでどこも悪くなかった場合も、野生下で生きていくうえでとても大事な場所に怪我をした場合もあります。

そんな鳥獣たちを、せめてインターンシップ期間中だけでも全力で支えていき、少しでもこのような野生生物の被害者が出ないようにと、これからもこの分野で頑張っていきたいと思います。
インターンシップ期間は半分が過ぎましたが、最後まで精一杯頑張らせていただきますのでよろしくお願いします!
 
関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR