炭焼き(第19回)顛末記

ねいの里の炭焼き窯「吉住窯」で2年ぶりの炭焼きを行いました。
平成15年の炭焼き窯作成から炭焼きの中心人物だったM氏が昨年亡くなられ、
詳しいものがいなく手探り状態での炭焼きです。過去の記録を見ながら炭材を
窯に入れ、なんとか準備を完了。
PB151703.jpg

11月25日 9:00に窯焚きを開始。
煙突の温度が80℃を超えるまで、ひたすら焚き続けます。
PB181708.jpg
ところが、焚けども焚けども温度が70℃までしか上がりません。
やむなく11月27日に中止しました。残念(;_;)(;_;)(;_;)

頼成の森の近くで炭焼きをしておられるT氏に指導を仰ぐことにしました。

12月16日 炭材を入れ直し、T氏の指導で再度窯焚きです。
PC161773.jpg
今度は順調に温度が上がり、窯の中にもよく火が回っています。

12月18日 良い炭の焼き上がりを期待しながら、
酸素が入らないように窯を密閉しました。
PC251775.jpg

12月25日 わくわKしながら窯開けです。
焚口を開け中を見ると、焼け過ぎのようです。
PC251776.jpg
火種が残っていて、しばらくすると火が出てきました。
火に水をかけながら必死で取り出します。

(取り出した炭)
PC251780.jpg PC251784.jpg

そのうち火が大きくなって手が付けられなくなってしまいました。
PC251787.jpg
出せなかった炭は窯の中で燃えてしまいました。
またまた(;_;)(;_;)(;_;)

最初は焼き足りず、次は焼け過ぎ。
炭焼きは難しい!!!

窯の中で燃えてしまう炭を見ながら、「今度こそはっ!!!」と心に誓うのでした。


関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR