【職員の休日】一人自然観察会@氷見市十二町潟

今日の朝はジョウビタキの鳴き声で目を覚ましました。


職員の休日というシリーズでねいの里外の自然を紹介できればいいかなと思っています。

本日は、自動車の給油ついでに氷見市にある十二町潟へ足を延ばしました。
天候も優れないので、白鳥を見に来ている人は皆無(つд;)


そんな中、まずはじめに姿を現したのは
キンクロハジロ
キンクロハジロ
黒い体黄色の光彩が鮮やか
カッコいい系のカモです(´・ω・`)

その奥に目を向けると
ユリカモメ
ユリカモメが水面に立っている!
残った氷の上に立っているだけです。
最近は気温も高めなので氷もほとんど消えていました(´・д・`)


そのほかに、
オオハクチョウはもちろん、マガモカルガモコガモホシハジロといったメジャーなカモたちが観察できました。


そして、帰ろうとしたとき
オオバン
オオバンがハトのように地面をついばんでいました。
これは、氷見白鳥の会の人が撒いている白鳥用の穀物が公園の地面にも落ちているのでそれをついばんているようです。
ちなみに、オオバンは一見カモの仲間のように見えますが
ツルの仲間なんですよ!(`・д´・ ;)



最後に
ムクドリ
ムクドリ(*´∀`)
関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR