行事「冬の生き物観察と動物の体を調べる」を行いました。

ねいの里冬の恒例行事 「冬の生き物観察と動物の体を調べる」 を行いました。
まずは動物の体の観察から。
今回はニホンジカを解体しながら体のつくりを観察しました。
P2110038.jpg
解体の体験をされた方もおられます。
P2110039.jpg (女性は強し)

次に、手羽先骨格の標本作りと、屋外での生き物観察に分かれました。
鶏の手羽先を肉が柔らかくなるまで煮込んだものから、骨を取り出します。
小さい骨を見つけるのが一苦労。
P2110048.jpg (真剣に取り出しています)
P2110054.jpg (この骨はどこのかな?)

IMGP0238.jpg
完成したものはこのようになるのですが、皆さんはどうなったのでしょうね?

屋外組はカンジキを使う予定だったのですが、雪が少なく使えません。
(富山は雪国ではなくなったみたいですね。)
P2110059.jpg
夕べから少し積もった新雪を踏んで、動物の痕跡を探しに行きました。
足跡から、どんな動物がどんな行動をしていたか、などを観察しました。
P2110056.jpg

最後に、ジビエの試食をしてもらいました。
P2110062.jpg
今回は、鹿肉と野菜の旨煮でした。
P2110063.jpg
皆さんおいしそうに食べておられました。

関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR