桃色の花が咲き始めました

5266
カタクリ

ねいの里のカタカゴの丘でカタクリの花が2輪咲きました

カタクリはスプリング・エフェメラル(直訳:春の短い命)と呼ばれ
春先に花を咲かせ、夏に葉をつけ、その後球根や根の状態で冬を越す植物の総称のことです。

また、カタクリとセットになる生き物といえば
ギフチョウですが
ギフチョウなどの春先にのみ成虫になって活動する昆虫もスプリング・エフェメラルといわれます。(*´∀`)



いこいの村・磯波風の施設周辺では
5254
ホトケノザが開花していました

この植物は“春の七草”の仏の座と同じ名前ですが別物です
春の七草の仏の座はコオニタビラコ(またはタビラコ)といいます。

写真の方のホトケノザは春の七草の仏の座とは違い食用になならないようです。

また、このホトケノザと間違いやすい植物がこちら
himeodorikosou
ヒメオドリコソウ(以前紹介しましたね)

ホトケノザと同じシソ科オドリコソウ属の仲間で見慣れてないと間違えてしまう種類です(*´Д`*)
このように、写真で見比べると一目瞭然で違いが判ると思います。


最後に、木に咲いた地味な花
5285
カツラの花

まるで、イソギンチャクのような花です。
カツラの木全体がピンク色に色づいていました。

カツラの葉ハート型をしていて、そして甘い匂いを漂わせます。
そして、花はピンク色
まるで人の恋路を応援させるような樹木ですね。( ^∀^)
関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR