水辺の生き物観察と外来生物への接し方

8月24日(土)、自然博物園ねいの里で、行事「水辺の生き物観察と外来生物への接し方」を行いました。

「外来生物」の話しのあとで、水を抜いたハス池に入り、そこに棲む生き物の観察と外来生物の除去を試みました。

IMGP3101.jpg

「結果」

魚類は、ギンブナ、キタノメダカ、ハゼの仲間。
昆虫類は、ミズカマキリ、コオイムシ(たぶんオオコオイムシ)、ギンヤンマのヤゴ。
他には、スジエビやタニシの仲間が観察されました。

久々に「ミズカマキリ」を見て、感激したのは私だけでしょうか?

そして、両生類では、70匹ほどのウシガエルのオタマジャクシを捕獲しました。
行事の目的の一つ、外来生物の除去を行うことができました。
IMGP3118.jpg

展示館に戻ると、今度は食用外来生物の試食を行いました。

メニューは、ウシガエルとウチダザリガニ。

最初は、恐々手を出していた子供たちでしたが、もっと欲しいという子供も現れて、なかなかの感触でしたよ。

FB2A7701.jpg

IMGP3098.jpg


43名参加のちょっと変わったイベントでした。

関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR