ミズバショウが咲きました

DSCF0599.jpg
ミズバショウ
この植物は山中の湿原や湿地に群生しています

花は葉に先だって葉の間から開き、白色の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開きます
ミズバショウの花といえばこの白い葉を指して言われますが
中央にある円柱状の部分の小さな花が真の花なんですよ



DSCF0583.jpg
アサツキがあちこちに、ワンサカとはえていました

葉がネギよりも浅い緑色なのでアサツキとつけられました

ネギの仲間で食用です
葉や鱗茎を酢味噌和えにして食べますよね(・∀・)
早春の味です (●⌒∇⌒●) オイチイ
葉は細い円筒形の中空で、鈍三角三日月状のノビルとは区別がつきます


タネツケバナ
DSCF0565.jpg
タネツケバナは苗代にたねもみを播く前に水に浸ける頃に花が咲くとこらから名前がついたといわれています
この植物は田のアゼや水辺等湿性の高い所に群生しています

外来種ミチタネツケバナは比較的乾いた所で見かけます↓
haru2


タネツケバナは果実を斜上させてから途中でほぼ直立させますが
ミチタネツケバナは茎によりそうように鋭角に実が付き
花の位置より高く突き出すのが特徴で花は小さめです

タネツケバナの茎にはびっしりと白い毛がありますがミチタネツケバナの茎は無毛で葉柄の基部に少しだけ毛が生えています

区別できますか?ねいの里の水辺の生態園では混在しているので間違えやすいですが
頑張って見て下さい o(^o^)o ワクワク

ねいの里ではその他頂小葉が大きいオオバタネツケバナも見られます(゚∀゚)



写真・情報提供:けいちゃんヽ(゚∀゚ )ノ
関連記事
プロフィール

自然博物園 ねいの里

Author:自然博物園 ねいの里
ねいの里HP

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR